【独女のたわごとvol.36】女の本性をあぶり出す…夏の終わりに仏女優イザベル・ユペールの怪演を堪能

最新ニュース

『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • イザベル・ユペール&ポール・ヴァーホーヴェン監督/『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
  • 「メンタリスト ファイナル・シーズン」
  • 野菜(C)Getty Images
8月もあと一週間で終わりですが、夏、満喫していますか? お盆のニュースで、海外旅行組が帰国して「○○○に行ってきました~!」とコメントしている映像を目にするたび、世の中の人はちゃんと夏休みをとって人生を謳歌しているんだなぁ、家族全員で海外旅行っていったいいくら使ったんだろう? 羨ましさ100%です。と書きながら100%を1000%と打ってしまい、1000%と言えばカルロス・トシキ&オメガトライブの「君は1000%」じゃーん! と、昭和スイッチオン。(こういうとき、Amazon musicって便利ですよね)アルバム「Navigator」を聴きながら昭和感100%でこの原稿書いている古山エリーです。今宵もたわごとお付き合いくださいませ。

料理をしない女であることはこのコラムで何度も書いてきましたが、八百屋さんにはときどき行きます。八百屋に行くと野菜がなんとも美味しそうに見えて、あれもこれも食べたくなって料理しようかなぁという気になる。そこで、レンジでチンの温野菜以外で、簡単に美味しく野菜を食べるには…と、たどり着いたのはグリル野菜でした(まったくひねりナシ…)。

野菜(C)Getty Images
キッチンに備え付けの魚焼きグリルはあることはあるんです。でも、使った後の掃除が面倒で、一人暮らしをしてからは一度も使ったことがなかった。グリルを汚さずに夏野菜を食べるために…ええ、今回も形から入りましたとも。見た目が可愛くて、そのままテーブルにも出せちゃう陶器の薄型グリラー、その名も「GRILLER グリラー(イブキクラフト)」を購入。蓋付きなのでキッチンのグリルは汚れず、焼くだけなのに料理した気にさせてくれる優秀アイテムでした。バーミキュラと同じ運命をたどらないことを祈ります…。

そんなこんなで家で過ごすことが多かった夏休みの楽しみと言えば、なかなか見られずにいた米ドラマ「メンタリスト(The Mentalist)」を見ること(地味すぎる…)。犯罪コンサルタントのパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)が、CBI(カリフォルニア州捜査局)やFBIに協力して毎回事件を解決していくドラマで、人の心理を読むジェーンの思考&視点が面白くてハマっています。

「メンタリスト ファイナル・シーズン」
ジェーンはどんな人の心理も読み解いてしまうのね! と毎度感心させられているわけですが、先日ポール・ヴァーホーヴェン監督の新作映画『エル ELLE』を観て(この映画とドラマはまったく無関係ですが)、さすがのジェーンもこのヒロイン、ミシェル(イザベル・ユペール)の心理を解き明かすことは無理なんじゃないかなぁと。それほど強烈なキャラクターでした。

ある日、自宅で覆面の男に襲われたミシェルは自分で犯人探しを始めます。いったい誰が犯人なの? という謎解きと並行して、ミシェルってどういう女性なの? 彼女の本性があぶり出されていきます。彼女の言動が何を意味するのか、彼女の思考&心理を理解しようと試みるものの、あまりにも強烈でぶっ飛んでいて、理解するなんて到底無理だって気づく。

『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
クレイジーでエロティック、道徳的でも哲学的でもなく、愛情や友情があるのかさえもわからなくなって、ある種のおとぎ話として、こういう女もいるかもしれないね、と受け止めるしかないというか理解できなくてほっとするというか。味わったことのない感覚に襲われます。ふと思ったのは、ミシェルのことは理解できないし、できなくて構わないけれど、彼女のタフさはいまこの時代を生きる女性に必要なものなのかも…と。それにしても、強烈すぎる女ミシェルを演じたイザベル・ユペール、凄すぎました。今宵はここまで、また次回。
《Elie Furuyama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top