浅野忠信×寺島しのぶ、渾身のアドリブシーン公開『幼な子われらに生まれ』

映画

『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会 
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会 
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
  • 『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
浅野忠信と田中麗奈が夫婦役を務める、直木賞作家・重松清が1996年に発表した同名傑作小説を映画化した『幼な子われらに生まれ』。この度、浅野さんと寺島しのぶの演技力が光る、即興芝居で生まれた名シーンが映し出された本編映像がシネマカフェに到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

今回公開されたのは、浅野さん演じる主人公・田中信と寺島さん演じる信の元妻・友佳の回想シーン。本作が絶賛される理由のひとつに、「エチュード手法で挑んだ役者たちの、見事な演技力」が挙げられるが、それが良く分かるのがこのシーンだ。映像は、当初夫婦だった2人の間に子どもができるも、キャリア志向の友佳は相談もなく勝手に子どもを堕ろしてしまい、それを信が知って揉めてしまうという内容。


実はこのシーン、脚本では2行ほどしかないという渾身のアドリブシーン! 突如喧嘩になるという、いきなりやろうとしたら普通は気持ちが入りづらく、リアルさに欠けてしまうところを、「ベッドルームに友佳のシステム手帳があって、そこに紙が挟まっている。信はいつも彼女の携帯を見てしまうタイプの男。信が友佳の手帳に挟んでいる紙を見たら、術後の諸注意が書いてある。2枚目に手術を許諾しますという書類があって、そこには信のサインが必要なのに、自分(信)が書いていないサインと判子が押してある」という状況から始めたら一体どんなことになるかを、きっかけだけを作って浅野さんと寺島さんが即興でお芝居。台本を重視しながらも、とにかくその場で作り上げていく空間を大切にした演出法だ。

『幼な子われらに生まれ』(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
また例えば、脚本に「全部後悔すると思う」というセリフがあったのに対し、信をもっとカチンと来させたいと思ったときに、監督はそのセリフをもう少し強調させたいと寺島さんに伝えると、寺島さんは「全部全部全部後悔すると思う!」と叫び、音を立ててドアを閉めた。実際に使用するカットの前後で、カメラがまわっていない部分も芝居をして作り上げており、だからこそこの短いシーンでもリアリティが溢れ、緊迫したシーンになり、役者の凄みを見せつけるシーンに仕上がった。

『幼な子われらに生まれ』は8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top