宮野真守、恋愛観&子役時代を赤裸々告白!「チマタの噺」

最新ニュース

「チマタの噺」
  • 「チマタの噺」
  • 宮野真守
  • 笑福亭鶴瓶
街行く人々の何気ない心温まる話やちょっと意外な話などから、番組MCの笑福亭鶴瓶とゲストが自由によもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」が8月29日(火)今夜オンエアされ、声優の宮野真守がゲストとして登場。鶴瓶さんと様々なトークを展開する。

アニメ版「DEATH NOTE」の夜神月役や映画版も公開された「機動戦士ガンダム00」の主人公・刹那・F・セイエイ役で一躍人気声優となった宮野さん。「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE」シリーズや水泳に青春をかける若者を描いた「Free!」、アイススケートをテーマにした「ユーリ!!! on ICE」など人気作にも出演しており、女性ファンを中心に絶大な支持を獲得。

数々のアニメ作品はもちろん『ハリー・ポッター』シリーズやその新シリーズとなる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主人公・ニュート(エディ・レッドメイン)の吹き替えなど洋画でも活躍。ミュージカル「テニスの王子様」や帝国劇場で上演された「王家の紋章」イズミル王子役など舞台俳優としても活動。音楽アーティストとしても16作のシングルと6枚のアルバムを発表、日本武道館、横浜アリーナなどで単独公演を行うなどの実績を誇る。

今回はそんな宮野さんを招いてのトーク。鶴瓶さんが面白いと認める声優である宮野さんが、どん底の子役時代から学生時代のやっちゃった話。好きな女性のタイプからアフレコ中の大失態やライブで披露した珍パフォーマンスなどの爆笑エピソード。さらには声優業界裏事情まで様々なトークを展開する。

最近はNHK「おはよう日本」でナレーションを務めるなど、さらなる飛躍をみせる宮野さんが声優を務めている映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』『怪盗グルーのミニオン大脱走』の2作が現在公開中。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は夏休みのとある海辺の町を舞台に、花火大会の同じ1日を何度も繰り返す少女と少年の物語が展開する。

母親の再婚のため転校することになった及川なずなを広瀬さんが演じるほか、なずなに思いを寄せる島田典道役を菅田将暉が、また2人のクラスメートの安曇祐介役を宮野さんが担当。『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二の原作を『バクマン。』の大根仁が脚本を手がけ『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を務める。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は大ヒット『怪盗グルー』シリーズの最新作。グルー役を鶴瓶さんが担当し、アントニオ役の宮野さんのほか、芦田愛菜、中島美嘉、中井貴一、山寺宏一ら豪華声優陣の共演も見どころだ。

「チマタの噺」は8月29日(火)深夜0時12分~テレビ東京にて放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top