吉高由里子&松山ケンイチ、壮絶な撮影をふり返り「水の泡になる作品だったら…」

最新ニュース

『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 吉高由里子&松山ケンイチ/『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 木村多江&松坂桃李/『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 吉高由里子/『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
  • 松山ケンイチ/『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
沼田まほかる原作・ベストセラーミステリーの映画化『ユリゴコロ』の完成披露試写会に先駆けて、レッドカーペットイベントが9月3日(日)、都内にて行われ、主要キャスト陣が歩いた。松山ケンイチが、吉高由里子にスッと手を差し伸べ、その完璧なエスコートの様子に会場からは黄色い声が上がっていた。

本作は1冊のノートに記された禁断の真実が紐解かれていき、夫婦とは、家族とは、人を愛するとは、を問う物語。亮介(松坂桃李)が実家で見つけた1冊のノートには、人を殺め続ける美紗子(吉高さん)のすべてが、一人称で描かれた告白文として書かれていた。人の死をよりどころに生きていた美紗子は、絶望の日々を送っていたが洋介(松山さん)と、ある日運命的な出会いを果たす。

『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
完成披露試写会の5日前に出来上がったという本作。ようやく観られたという吉高さんは、満足気に「早く皆さんに観ていただけたらうれしいです。こういう日に晴れていただいてうれしいですね、アハハン♪」とキュートな挨拶に代え、会場から「かわいい!」とラブコールを浴びていた。松坂さんも、「間に合いましたね!」と作品が完成したことに喜びをみせつつ、「濃厚な1日1日を過ごしていました。あっという間で、撮影自体はギュッとした感じだったんですけど、ギュッとしたものがずっと残るくらい印象的な日々でした。参加できてよかったと思います」と、想いを馳せた。

『ユリゴコロ』レッドカーペットイベント
共演シーンが多かった吉高さんと松山さんだが、とにかく撮影が壮絶だったとふり返る。松山さんは、「あの大変な撮影が水の泡になる作品だったら、今日のような取材の場でも、ご飯を食べに行った話とか、パチンコに行った話しかしないって、(吉高さんと)言ってたんです! でも、そんな話が出ないくらい僕自身が打ちのめされて」と、完成作への手ごたえを露わに。すると、熊澤尚人監督は、「パチンコの話、大丈夫ですよ(笑)」とそそのかしたが、「しちゃ失礼だなって思います」と松山さんはキリリとした表情で返していた。

そのほか、レッドカーペットには佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江が歩いた。

『ユリゴコロ』は9月23日(土・祝)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top