ベビー・グルート&ロケットの“中の人”が激白!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』特典映像

映画

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL
  • ベビー・グルート&ロケットの声を担当するブラッドリー&ヴィン(C)Getty Images
ノリで結成された宇宙のはみ出し者チームが、またも銀河の危機に立ち向かう『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。このほど、凶暴なアライグマのロケットの声を務めたアカデミー賞ノミネート常連のブラッドリー・クーパーが絶賛を贈る(!?)MovieNEXボーナス映像の一部が解禁となった。

常識破りで誰より自由、ヒーローと呼ぶにはあまりにも頼りない、銀河一“ヤバい”落ちこぼれチームの活躍を描く本作。このたび、いまSNSでも「かわいすぎる!」と話題沸騰、「ボクはグルート」しか話せないベビー・グルートの新たなボーナス映像が公開された。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL
そもそもグルートは、前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の最後で究極の犠牲を払って仲間たちを救い、その勇気が涙を誘ったが、その後、“相棒”アライグマのロケットの懸命な世話のおかげで、本作ではベビー・グルートとして復活。前作では力持ちだったが、本作ではチームの中でも世話の焼ける子どものように描かれている点が見どころだ。

ロケットの声を務めるのは、『世界にひとつのプレイブック』や『アメリカン・ハッスル』『アメリカン・スナイパー』などの話題作に出演し、3年連続アカデミー賞ノミネートを果たした大人気俳優、ブラッドリー・クーパー。ブラッドリーが「前作のロケットは勝手気ままに見えたけど、今回は親の役割も果たす」とコメントする通り、ベビー・グルートとロケットのまるで親子のようなやり取りは笑いを誘う。

ベビー・グルート&ロケットの声を担当するブラッドリー&ヴィン(C)Getty Images
ベビー・グルートの声を務めたのは、『ワイルド・スピード』シリーズや『トリプルX』シリーズでお馴染み、筋骨隆々のヴィン・ディーゼル。「ボクはグルート」しか話さないベビー・グルートを声色だけで見事に演じたヴィンは「気合いを入れてしゃがれ声を出した」と自信たっぷりにふり返っている。

今回の映像では、そんなブラッドリーとヴィンの貴重なアフレコシーンも公開! ほかにも、制作の舞台裏や未公開シーン、キャスト陣のインタビューまで、MovieNEXには盛りだくさんのボーナス映像が収録されている。



『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』MovieNEXは発売中、デジタル配信中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top