永瀬正敏がSPサポーターに!シネフィルセレクションで『SMOKE』ほか名作続々上映

最新ニュース

イオンシネマでは、“知らなかった良作をスクリーンで”をテーマに企画した特別上映イベント「シネフィルセレクション」を開催。そのスペシャルサポーターに、『光』『パターソン』の俳優・永瀬正敏が就任することが決定し、あわせて永瀬さんがナレーションに参加したPR映像が解禁された。

全国で最大のスクリーン数を誇るシネマコンプレックス・イオンシネマで、大作映画やファミリー映画ではなく、国や年代を問わず名作・良作といわれるジャンルの作品を39劇場で公開する「シネフィルセレクション」。


本企画を担当した編成部・小川氏は、「普段はなかなかシネコンで上映される機会が少ない作品を選定し、映画館の大きなスクリーンで映画を鑑賞するという体験をより多くの方に味わっていただく新たな機会を創出できればと考え、趣旨をご理解いただいた配給各社のご協力のもと、本企画を実施する運びとなりました」と今回の企画意図についてコメント。

上映が予定されている作品は、1995年公開当時、ロングラン記録を打ち立てたハーヴェイ・カイテル主演の名作『SMOKE』や、20世紀ベスト10に入る傑作と呼ばれる『アンダーグラウンド』、ジョン・ファヴロー監督&主演の“お腹がすく”映画『シェフ 三ツ星フードトラックはじめました』、妻夫木聡と池松壮亮が兄弟を演じた『ぼくたちの家族』など、年代を問わず良質な作品が上映され、2018年2月までさまざま作品をお届けする。

『アンダーグラウンド』(C)APOLLO

『ぼくたちの家族』』 -(C) 2013「ぼくたちの家族」製作委員会
永瀬さんからは、「微力ですが、素晴らしい作品を少しでも多くの皆さんにご覧いただく機会に、何かしらの形で立ち会えることは幸せなことです」とのコメントも到着。永瀬さんは今後もPRイベント等で「シネフィルセレクション」をサポートしていくという。

「シネフィルセレクション」は全国39のイオンシネマで9月30日(土)から2018年2月まで開催予定。全10作品を上映予定。

『ぼくの伯父さん』(C)APOLLO

『SMOKE』(C)APOLLO
<上映作品>
■『シェフ三ツ星フードトラック始めました』 ■『ぼくの伯父さん』
■『ショート・ターム』 ■『アンダーグラウンド』 ■『ぼくたちの家族』 ■『SMOKE』
※追加作品は追って決定
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top