ジェニファー・ローレンス「目指していた作品に仕上がっていた」『マザー!』NYプレミア開催

最新ニュース

『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『マザー!』(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
日本では来年1月に公開される、『ブラック・スワン』の監督が仕掛けるかつてない衝撃と戦慄のサイコ・ミステリー『マザー!』のNYプレミアイベントが、現地時間9月13日(水)に行われ、主演を務めたジェニファー・ローレンスらが登場した。

NYプレミアの会場となったのは、ラジオシティ・ミュージックホール。本作は、郊外の一軒家で幸せに暮らす夫婦が、ある夜現れた不審な訪問者を家にあげたことから、常軌を逸した事件に襲われる衝撃と戦慄のサイコ・ミステリーということで、そのスリリングなサイコ・ミステリーのストーリーをイメージし、会場には通常のレッドカーペットではなく、漆黒のブラックカーペットが敷かれた。

そして、そのブラックカーペットの上に登場したのは、劇中の衣装をイメージさせるような、「クリスチャン・ディオール」の純白の美しいドレスに身を包んだジェニファーを始め、ハビエル・バルデム、ダーレン・アロノフスキー監督。

『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
ジェニファーは、今作への出演を決心した理由について「まず監督が誰かということ。そしてストーリーに共感できるか、チャレンジ精神を刺激されることも大切。演じることに恐れを感じないようならやってもつまらない」と明かし、本作については「重要な深いメッセージがあるわ。私たちが目指していた作品に仕上がっていたと思えた」とその仕上がりに自信を見せた。

『マザー!』NYプレミア(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
またアロノフスキー監督は、ジェニファーの起用に関して最初は「いままでの彼女のイメージには無い作品だったし絶対に受けてくれないと思っていた」と明かすも、話をしていくうちに作品を理解し、結果出演を快諾してくれたのだとか。続けて「以来、彼女はこの作品に全てを捧げてくれたんだ」と絶賛していた。

映画については、「観た人が色々なテーマや意味合いを見いだして楽しむ作品。頭で考えて、感じて、耳を澄ますことで作品の表情が常に変わってくる」と期待を煽り、「観客をドキドキハラハラさせると同時に楽しませたいと思ったんだ」とコメントしている。

『マザー!』は2018年1月19日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top