「カウボーイビバップ」渡辺信一郎、『ブレードランナー2049』に繋がる短編アニメを制作

映画

『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』
  • 『ブレードランナー 2049』日本版ポスター
ハリソン・フォードが“ブレードランナー”デッカードを再び演じ、ライアン・ゴズリングが新たな“ブレードランナー”Kを演じることでも話題の『ブレードランナー 2049』。このほど、前作から本作の舞台2049年に至るまでの“空白の30年間”のエピソードを描くショートフィルムの制作が決定。その内の1本を、海外でも高い評価を得る監督・渡辺信一郎が手がけることになった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

前作を生み出したリドリー・スコットが製作総指揮に回り、『メッセージ』『ボーダーライン』の鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督が務める本作。このたび、前作の舞台である2019年から、本作の舞台2049年に至るまでの空白の30年間をショートフィルムで描くことになった。

その内の1エピソード「ブレードランナー ブラックアウト2022」を手がけるのが、本作の制作スタジオであるAlcon Entertainmentから直々のオファーを受けて抜擢された、「カウボーイビバップ」「アニマトリックス」「サムライチャンプルー」などで知られるアニメ監督・渡辺信一郎

描かれるのは、2022年、アメリカ西海岸で発生した原因不明の大規模停電“ブラックアウト”。レプリカントの製造が法によって禁止される、重要な転機となる出来事だ。本アニメーションの制作は追い込みに入っており、今回、その制作現場を垣間見ることのできる予告映像も到着。


「アニメ版を制作するにあたり気をつけたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」という渡辺監督のコメントとともに、監督の描く“2022年”の世界もちらりと目にすることができる。

短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト2022」は9月26日(火)に解禁予定。

『ブレードランナー 2049』は10月27日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top