杉野遥亮&松尾太陽&甲斐翔真が“けだもの男子”に!? 「花にけだもの」実写化

最新ニュース

「花にけだもの」(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • 「花にけだもの」(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
  • 「花にけだもの」(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
「三代目J Soul Brothers」の山下健二郎を主演に迎え、男女6人の恋物語を描いた「Love or Not」、社会派ドラマの名匠である野島伸司が脚本を手がけ、新たな男女の形を描いた「パパ活」など、配信ならではのオリジナルドラマを共同製作してきた「dTV」とフジテレビの共同製作ドラマの新作が、人気コミックの実写化「花にけだもの」に決定。過去の少女マンガのイケメンキャラを遥かに凌駕する、S級イケメン“けだもの男子”を描くことになった。

“けだもの男子”とは、女の子には優しく、ときに強引で男らしいワイルドさと、好きな子の前だけ素直になる一途さを併せ持つ新たな男子像。原作は、人気少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で2010年から2012年まで連載され、累計発行部数200万部を突破した人気コミック。“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く、胸キュンMAXな青春ラブストーリーとなる。草食系男子や塩顔系男子に注目が集まる昨今、ワイルドで男らしいS級のイケメンたちが、今秋に旋風を巻き起こす。

本作の主人公として、純真無垢で愛されすぎる“久実”を演じるのは、NHK連続小説ドラマ「まれ」に出演し、その透明感で一躍注目を集めた若手女優の中村ゆりか。そんな主人公を翻弄する“けだもの男子”たちを演じるのは、人気・実力ともに急上昇中の若手イケメン俳優たち。

185cmの長身に母性をくすぐる端正すぎるルックスはもちろん、『兄に愛されすぎて困ってます』『覆面系ノイズ』など話題作への出演が続き、人気急上昇中の杉野遥亮が、王子様の仮面を被った超プレイボーイの“豹”役に。「超特急」のバックボーカル・タカシとしてはもちろん、『一週間フレンズ。』や『一礼して、キス』など俳優としても出演作が絶えない松尾太陽が、クールでミステリアスかつ主人公を影で支え続ける“千隼”役に決定。「仮面ライダーエグゼイド」パラド役に大抜擢され、いま勢いに乗る甲斐翔真が、誠実で心優しく太陽みたいな“竜生”と、それぞれタイプの異なる“けだもの男子”を演じる。また、国民的アイドルグループ「AKB48」のメンバーとしてのみならず、女優としてもめまぐるしい活躍をみせる入山杏奈が、秘密を抱えながらも主人公に次第に心を開いていく親友の“カンナ”役を務める。

dTVでは、先にセリフやBGMが付き、目でも耳でも楽しめる大人気コンテンツのムービーコミックとして、マンガ「花にけだもの」を独占配信中だが、今回の実写ドラマ化に対して原作者の杉山美和子からは「まさかのドラマ化。もう、嬉しいを通り過ぎて、どういうリアクションをすればいいのか、戸惑っているというのが正直なところ」と歓喜のコメント。「納得のイケメン・美女の素晴らしい顔ぶれ」とキャスト陣にも太鼓判を押し、「ファンの皆様だけでなく、原作を知らない皆様にも、原作以上に楽しんでいただける作品になると思います」と期待を寄せている。

また、本作で連続ドラマ初出演となる松尾さんからもコメントが到着。「原作は、僕も読んでいてとてもドキドキする様なお話で、ドラマでもキュンキュンする場面が沢山盛り込まれています。このドラマの現場では、新しい自分を発掘できるような充実した日々を過ごさせていただいています」と、撮影現場について語り、「和泉千隼というカッコイイ理想像を崩さないように、そしてキュンキュンさせれるようにキャストやスタッフの皆さんと一緒に全力で演じさせていただきますので、応援宜しくお願いします!!」と、力強く意気込みを語っている。

「花にけだもの」(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
dTV×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」は今秋、配信予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top