真矢ミキ、親子丼試作一杯目は夫に!「非常に嬉しそうに食べてくれた」

最新ニュース

「さくらの親子丼」制作発表会見
  • 「さくらの親子丼」制作発表会見
  • 真矢ミキ
  • 本仮屋ユイカ
  • 吉本実憂
  • 「さくらの親子丼」
東海テレビ・フジテレビ系にて放送される10月スタートの新ドラマ「さくらの親子丼」の制作発表会見が、本日10月4日(水)都内ホテルにて行われ、主演の真矢ミキをはじめ、吉本実憂、本仮屋ユイカが登壇した。

ドラマは、「空腹の人に無料で親子丼を食べさせてくれる」といううわさが都市伝説のように広まっている古本屋「九十九堂」が舞台。現代社会が抱える様々な問題を取材し、生きることの難しさと人とつながることの大切さを、清水有生のオリジナル脚本で描いていく。

そんな「九十九堂」の店主で、悩める人々を迎え入れ親子丼をふるまう、真っ直ぐでちょっとおせっかいな主人公さくら役を演じる真矢さんは、「撮影が始まりまして、1か月が過ぎ、1か月間、親子丼を作り続けております。朝の番組と昼からドラマと、この秋は自分にとって充実しております」とコメントし、「親子丼の試作、一杯目は彼に食べてもらいました。彼はドラマのことで作っているとは知らなくて、非常に嬉しそうに待って、食べてくれました。一石二鳥でしたね。一石二鳥って言葉、私大好きなんですよ(笑)」と2008年に結婚した夫との微笑ましいエピソードを披露。

また、幼い頃にある事情から親類の家に引き取られ、15歳で家出した17歳の少女・二宮あざみ役を演じる吉本さんは、今回不良役と言うことで、髪を染めて登場! 「初めて金髪に染めました。役で染めさせていただくのはとても光栄なことなので、二宮あざみとしていま、孤独と戦いながら生きています。この作品は鋭くて深くてでもあたたかいと感じています」と作品の印象も語った。

そして、16年前のある事件を胸に抱えながらジャーナリストとして忙しい日々を送る、さくらの娘・恭子役を演じる本仮屋さんは、「真矢ミキさんの娘役で、真矢さんとの共演は2回目です。親子という近い関係を演じるので、さぞ、和気あいあいとできるのかなと思ったら、結構ピリピリとしたシーンが続きまして、今日は和やかに真矢さんと談笑できることを嬉しく感じています」と明かしていた。

一方、役柄との共通点について聞かれた真矢さんは、「皆さんにさくらと似ていると言われたのは、正義感とおせっかいな部分です。逆にセリフとはいえ、こんなに“ババア”と言われたことはないですね(笑)。今回、“おばさん”、“ババア”と嵐のように言われて、こうやって慣らされていくのかなと。記念すべき、ババア出発かな」と話し、周囲の笑いを誘う場面も。吉本さんは「役を演じると、一部分自分の中に入ってしまうようなところがあり、不良には絶対ならないでと言われました」、本仮屋さんは「正義感の強さという点では、私と似ています」とそれぞれ語った。

また、話題にもなった高卒認定試験合格の件についても触れ、「朝の情報番組を任せていただいているので、せめて視聴者の方のレベルにまではいかないと」と受験のきっかけを語り、「今年の頭からやっていましたが、正直過酷でした。あまり弱音は吐かないタイプなのに『どうせ私は落ちますよ…』と、塾で弱音も2回ぐらい吐いたりして」と苦笑い。最後には、「最終的には土曜の夜に暖かい親子丼がお家に香るような、温かい週末にできたらと思います」とPRし終了した。

「さくらの親子丼」は10月7日より毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系全国ネットで放送(全8話予定)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top