『ワイルド・スピード』続編の公開が延期に…タイリースが激怒

最新ニュース

タイリース・ギブソン&ドウェイン・ジョンソン-(C)Getty Images
  • タイリース・ギブソン&ドウェイン・ジョンソン-(C)Getty Images
  • タイリース・ギブソン-(C)Getty Images
  • タイリース・ギブソン&ヴィン・ディーゼル-(C)Getty Images
  • タイリース・ギブソン&ヴィン・ディーゼル-(C)Getty Images
『ワイルド・スピード』シリーズにローマン・ピアース役で出演しているタイリース・ギブソンが、共演者でルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンの行動に納得がいかないようだ。

先日、シリーズ最新作となる9作目の公開が2019年4月から2020年4月に延期された。タイリースはその原因がドウェインにあるとインスタグラムで主張している。それによれば、9作目の公開がいまから3年も先になってしまったのは、ドウェインと彼の親戚でビジネスパートナーのヒラム・ガルシアが『ワイルド・スピード』シリーズを独占したからだとのこと。一体どういうことか…。

実はつい最近、ホブス役のドウェインと、デッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムをメインとした『ワイルド・スピード』のスピンオフ映画の公開日が、2019年7月26日に決定したと報道されたばかり。タイリースはドウェインがこのスピンオフ映画のオファーを受けたせいで、“本家”の最新作の公開が遅れたと怒っているのだ。

1回の投稿では怒りが収まらなかったのか、タイリースはドウェインが写っていない『ワイルド・スピード』のキャストたちの写真と「おめでとう、ヒラムとドウェイン。『ワイルド・スピード』ファミリーをめちゃくちゃにしてくれたな」、「俺らは単独飛行はしない」、「ほかのキャストはスピンオフ映画をオファーされても受けなかったのに」などの恨み節を投稿した。

TYRESEさん(@tyrese)がシェアした投稿 -

《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top