マッツ・ミケルセン、東京コミコンに来日決定!撮影&サイン会も

最新ニュース

『ドクター・ストレンジ』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に相次いで出演し、人気海外ドラマ「ハンニバル」でも知られる“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンが、今年2回目を迎える「東京コミックコンベンション2017」、いわゆる「東京コミコン2017」のゲストとして来日することが分かった。

マッツといえば、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)で演じたル・シッフル役で人気を博し、2012年に出演した『偽りなき者』では第65回カンヌ国際映画祭の男優賞を受賞。海外ドラマシリーズ「ハンニバル」で演じたハンニバル・レクター役でその人気を不動のものに。今年初め、ヴィラン・カエシリウス役でダイナミックなアクションを披露した『ドクター・ストレンジ』の日本公開時にも緊急来日を果たしていた。

今回、第1弾となる来日ゲストが発表された「東京コミコン」は、アメリカのサンディエゴで毎年7月上旬に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画などを網羅するテクノロジーとポップ・カルチャーの一大イベントの、いわば日本版。

Apple共同創業者の1人で「テクノロジーの王」といわれるスティーブ・ウォズニアックにより提唱され、マーベルの名誉会長で「スパイダーマン」「X-MEN」などのコミックの原作者である「ポップ・カルチャーの父」スタン・リーを名誉親善大使として招聘し、2016年12月に第1回目を開催。さらに第1回親善大使として、「スター・ウォーズ」シリーズのボバ・フェット役で知られるダニエル・ローガン、日本からは“マーベル男子”でもある人気俳優・竹内涼真が参加、大盛況となった。

今回の来日で、日本のアメコミファンに会えることを楽しみにしているというマッツ。「東京コミコン」期間中は全ての日程に来場し、会場において写真撮影会やサイン会等が予定されている。そのほかの追加ゲストなどの情報は、決定次第、随時オフィシャルサイトにて発信されていく予定。

「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」は12月1日(金)~12月3日(日)まで幕張メッセホール9-11にて開催。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top