【インタビュー】生田斗真 「こんな恋愛をしていたな…」過去と今を照らし合わせて挑んだ『先生!』

最新ニュース

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』 (C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
  • 『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
生田斗真が5年ぶりに恋愛映画に主演する。32歳になった彼が挑むのは『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。先生と生徒の切ない純愛を描いた、河原和音による伝説的少女コミックの映画化。しかも5年前にタッグを組んだ『僕等がいた』の三木孝浩監督との2度目の恋愛映画だ。

「『僕等がいた』を撮り終えたときに、三木監督が『またいつか一緒に仕事をしよう』『生田くんが30歳になった頃、大人の生田斗真を撮ってみたい』と言ってくださって――そのときの約束が『先生!』で叶いました。今回の伊藤先生という役は、いままで演じてきた学生役としての恋愛とは違って…。大人の男を演じることは、僕にとってひとつの挑戦でした」。

『先生!』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
伊藤先生は世界史担当の教師、愛想がないけれど実は優しくて生徒思い、メガネをかけていて…キーワードはいろいろある。生田さん自身はどういう伊藤像をもって現場に臨んだのだろう。

「その人のことを好きだと認識することも、その好きな相手に気持ちを伝えることも、大人になるとそういうことに照れてしまったり、小っ恥ずかしくて気持ちを隠してしまう。でも、伊藤先生を演じるために、それらを受け入れてみようと思ったんです。役づくりとしては遠回りになるかもしれないけれど、やってみようと。学生時代に聞いていた音楽、たとえばその曲を聴くと当時好きだった女の子のことを思い出すのでなかなか聴けずにいた音楽とか、淡い想い、ときめき、きらめきを掘り返しました」。

それは言ってみれば過去の自分と向きあう作業だった。

「僕自身は、こんな恋愛をしていたなぁとか、大人だと思って行動していたけれど、全然子どもだったなぁとか、いろいろ思い返して(笑)。そんなふうに過去といまとを照らし合わせる作業は、役づくりの助けになりました」。

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)2017 映画「先生!」製作委員会
クランクイン前には三木監督から「台本を読むときのBGM」「映画『先生!』で流れたら嬉しい曲」というテーマで監督自身がセレクトしてまとめたCDを受け取った。その曲を聴くことで「自分のなかから湧き出てくるものがあって、それを纏うこと、纏って空気を作ることで伊藤先生を演じることができた」と語る。そして、こう続ける。

「技術的にどう表現するかではなく、どうしたら滲み出てくるか…ということにチャレンジしています。それは、自分自身がどう生きていきたのかがそのまま出ることでもあるけれど、今回はそこに、自分にかけてみたかった。先生と生徒、大人と子ども、越えられないライン、近寄りがたいラインみたいなものを、僕のいまの経験値で醸し出せたらいいと思ったんです」。

と同時に、伊藤先生に恋をするヒロイン・響を演じた広瀬すずをはじめ、竜星涼、森川葵ら若手俳優を引っぱる先輩としても頼もしさを発揮。広瀬さんの「伊藤先生が生田さんじゃなかったらダメだったかも。ほんとに神様みたいな人です」というコメントからも、どれだけ若手の支えになっていたのかが伺える。

「すずちゃんは恋愛ものが初めてだったので、彼女にとっても“いい映画”になってほしかったですし、実際、広瀬すず史上最強にかわいいすずちゃんが映っている映画になったと思います。それが一番嬉しいですね」と話すその眼差しは、何とも優しい。

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』 (C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
屋上でのキス、橋の上での本音、電車のなか、雨のシーンなど、伊藤先生と響のキュンと切ない名シーンがいくつも登場するが、生田さん自身がキュンとしたのはどのシーンだったのか。

「伊藤として、そのときそのときの感情にうそをつかないようにしていましたが、やっぱり…タイトルにもある『好きなってもいい?』という響のセリフは、僕も含めて男性スタッフは2秒くらい心臓が止まったはずです(笑)。屋上のキスシーンにしても、ああいうシーンはヒロインであるすずちゃんがどれだけ綺麗に可愛く見えるかが大切でしたし、伊藤にとって響は大切に扱ってあげたいガラス細工のようでもあるので、彼女に触れるときは“そっと”“優しく”というのは意識していました」。その仕草に多くの女性の心が揺れ動くだろう。

生田さんは子役時代を含めると、今年で俳優歴20年を迎える。ドラマや映画に加え、舞台での活躍も広がり、この秋は『先生!』の公開のほかに、舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(10月30日~)の公演も控えている。改めて、演じる面白さについて聞いた。

「何周年とか年数は意識していませんが、初めてカメラの前で芝居をしたときのこと、初めて大勢の観客を前に舞台に立ったときのことは鮮明に覚えています。そのときの興奮や感じたことのない感情を忘れられないからずっと演じ続けているのかもしれない。芝居をしていきたいと思ったのは高校生の頃で、演じること=生きていくことに繋がったのは最近です。劇団☆新感線、SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン・バン・バーン~』に出させてもらったことは大きかったです」。

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会
これから生田斗真はどんな道を歩いていくのか、どんなプランがあるのか。

「映画も演劇にも言えることですが、わざわざ時間を作って観に来てくれる、それを含めてエンターテインメントだと思えるようになりました。というのも、演じる仕事を始めた頃は、あの人と仕事がしてみたいとか自分の物差しで測っていたけれど、いまはもっと外に向いているというか、映画や演劇を観る楽しさや歓びを1人でも多くの人に知ってほしい。そんなふうに変わってきました。また、この年齢になると、出来て当たり前、知っていて当たり前というのが増えていきますし、今回の『先生!』に関しては、三木監督と5年ぶりに仕事をすることはもちろんプレッシャーでもありましたが、その5年間にどういう経験をしてきたのか、お互いの経験をぶつけ合うようでもあって、すごく刺激的でした。『次はどんな作品を撮ろうか?』という話もしているので、いつの日か3度目が叶うといいですね」。
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top