これぞアート!? 雅叙園の伝統を完全再現した極上スイーツ

最新ニュース

これぞアート!? 雅叙園の伝統を完全再現した極上スイーツ
  • これぞアート!? 雅叙園の伝統を完全再現した極上スイーツ

創業90周年を迎えるホテル雅叙園東京の1Fに、2017年9月1日にオープンした、PATISSERIE「栞杏1928」。長い歴史の中で、数々の祝祭を見守ってきた雅叙園だからこそ提供できるこだわりのスイーツは、どれも芸術的で美しく、えもいわれぬ美味しさのものばかりです。今回は、そんなPATISSERIE「栞杏1928」の極上スイーツをご紹介します!

PATISSERIE「栞杏1928」で出会うラグジュアリーな和スイーツ

店名の「栞杏(りあん)」は、フランス語で絆を意味する「Lien」に由来。ギフトを通じて大切な方への気持ちを伝える道しるべを示す「栞」と、美味しいものが実るよう祈りが込められた「杏」に、雅叙園が創業した年の「1928」を組み合わせて、「栞杏1928」と名付けられています。

ペストリー料理長の生野氏が生み出す和テイストのスイーツは、舌の肥えたオトナの女性に喜ばれる優雅な味わいが魅力。飽きのこない豊富なラインナップの中から、お気に入りの一品を見つけてください♪

いつまでも眺めていたくなる日本画ショコラ「竹林」

雅叙園の4Fにある和室宴会場・竹林を彩る「鳥帽子・花髪飾りの女」などの日本画をボンボンショコラで再現したこちらのスイーツ。思わずため息がもれるほど色鮮やかな見た目と、口の中いっぱいに広がるショコラの贅沢な甘みに、視覚も味覚も大満足です。

ライチローズやトロピカルペッパーなどのフルーツをベースにしたものから、ほうじ茶や山椒といった和食材を使用したものまで、幅広い風味が楽しめる天井画ショコラ「竹林」。雅叙園の伝統的なエッセンスが豊富に散りばめられたショコラは、手土産だけでなく自分へのご褒美にもピッタリです!

季節限定販売! かぼちゃの甘みがギッシリな「紅葉」

山一面を覆いつくす紅葉の美しさに感動したシェフが、かぼちゃを使って紅葉の景色を完全オマージュ!季節限定販売のスイーツをつくりあげました。

くるみのフィナンシェ生地の上から生クリームを重ね、シナモンを効かせたかぼちゃクリームで仕上げるこちらのスイーツは、えびすかぼちゃのやさしい甘みとふわっとした食感が特徴的。夢中になって食べ進めてしまうほど、心奪われる方が続出しています!

白ワインが隠し味! フレッシュチーズと葡萄でつくる「タルトフロマージュ・レザン」

白ワインを混ぜ合わせたアパレイユと、なめらかでクセのないフレッシュチーズケーキのムースをあわせたタルトフロマージュ・レザン。巨峰やシャインマスカットの瑞々しさ、チーズのコクと白ワインの粋な酸味が楽しめる、この時期ならではの爽やかな一品です。お気に入りのドリンクやお酒と一緒に召し上がれ♪

和の伝統美が映える絶品スイーツが揃う、PATISSERIE「栞杏1928」。大切な方への特別な贈り物に、おひとついかがですか?

文/千祈(Kazuki)

スポット情報

スポット名
PATISSERIE「栞杏1928」
住所
東京都目黒区下目黒1-8-1(ホテル雅叙園東京内 1階)
電話番号
03-5434-5230
《編集部@ルトロン》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top