デイン・デハーン×カーラ・デルヴィーニュ、美男美女が銀河へ!『ヴァレリアン』公開決定

映画

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 (C)2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
  • 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 (C)2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
  • デイン・デハーン&カーラ・デルヴィーニュ-(C)Getty Images
  • デイン・デハーン&カーラ・デルヴィーニュ-(C)Getty Images
  • デイン・デハーン-(C)Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C)Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ-(C)Getty Images
『レオン』『フィフス・エレメント』『LUCY/ルーシー』など、数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督最新作にして、デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、リアーナらの共演でも話題を呼ぶ『Valerian and the City of a Thousand Planets』が、邦題『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』として2018年3月に全国公開されることが決まった。

本作の原作「ヴァレリアンとローレリーヌ」は、あの『スター・ウォーズ』にも影響を与えたSFコミックスの金字塔。28世紀の宇宙を舞台に、銀河をパトロールする美男美女コンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かう。熱狂的なファンを持つ名作群で知られるベッソンは、30年を超えるキャリアでも最強にして最大のスケールでこのSF超大作に挑戦。自由奔放なイマジネーションとエキサイティングなアクションが炸裂、最新鋭のVFX技術で自らの夢を具現化させた。

宇宙を守る任務を帯びたスペシャル・エージェントのヴァレリアンとローレリーヌは、星から星へと飛び回り、あるときは失われた高度な文明を探り、あるときはアクの強い闇商人と渡り合う。そしてプレイボーイでもあるヴァレリアンのもう1つの目的は、なんとしても愛するローレリーヌの心を射止めることだった――。

コミックが誕生した1967年から愛され続ける主人公であり、広大な銀河を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン少佐役を演じるのは、『アメイジング・スパイダーマン2』『クロニクル』でその名を世界に知らしめたデイン・デハーン。これまで繊細で鬱屈とした役どころが多かった彼が、本作では一転、仕事はデキるが私生活ではちゃらんぽらんなプレイボーイに扮する。

そして、頼れる相棒にしてクールビューティーのローレリーヌ軍曹を演じるのは、イギリスを中心にファッションアイコンとして数々のファッション誌を飾り、『スーサイド・スクワッド』『ペーパータウン』など女優に転身し活躍するカーラ・デルヴィーニュ。ヴァレリアンとは正反対の性格で、強い意志と強烈な自立心を備え、任務においても強靭さを兼ね備えた才色兼備なエージェントを演じる。

加えて、クライヴ・オーウェンやイーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアーら、個性豊かな実力派俳優が仲間・敵・謎めいたキャラとしてスクリーンを彩る。極めつけは、ポップス界の世界的スーパースターのリアーナが銀河系SFエンターテインメント作品に初挑戦するのも見逃せない。

今回公開された場面写真は、スペシャル・エージェントとして宇宙の様々な場所で任務に挑むヴァレリアンたちの1シーンをとらえたもの。“私服”の2人は、アロハシャツに短パンとまるでバカンス中のようなラフな格好だが、その表情には遊んでいる様子は微塵も見られない。2人の身に一体何が起きたのか…? ヴァレリアンとローレリーヌが広大な宇宙を舞台にどんな活躍を見せるのかが、大変気になるビジュアルとなっている。

ベッソン自身が手がけた伝説的SF『フィフス・エレメント』というハードルを、軽々と凌駕してみせる新たなSFエンターテインメント超大作。引き続き注目していて。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は2018年3月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top