生田斗真、視力は0.06 裸眼だと「すずかアリスか分からない…」

最新ニュース

先生と生徒の切ない純愛を描いた、河原和音による人気少女コミックの映画化『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の初日舞台挨拶が10月28日(土)、都内で行われ、生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が出席した。

生真面目で生徒思いな世界史教師・伊藤貢作(生田さん)は、弓道部に所属する女子高生・島田響(広瀬さん)から好きだと告白される。自分の気持ちに率直な彼女の姿に、伊藤も惹かれるが、教師という立場から一歩を踏み出せず…。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』などのヒットアニメを手がけてきた岡田麿里が脚本を担当した。

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台挨拶
この日はヒロインの“告白”にちなみ、「いま告白しておきたいこと」をテーマに登壇者が思い思いにトーク。生田さんが「実は目が悪いんです。視力は0.06くらい。裸眼だと隣に立っているのが、すずか(姉の)アリスか分からない(笑)」と明かすと、隣の広瀬さんは「すずです」とアピールしていた。

その広瀬さんは、生田さんとのキスシーン撮影をふり返り、「現場で、お昼ごはんにカレーを食べました。もちろん、歯は磨きましたよ。マネージャーさんに呼び出されて『カレー、食べるの?』って聞かれましたけど…」と申し訳なさそうな表情。一方、生田さんは「全然気づかなかった。結構、ガッツリ食べたの?」と驚いていた。

竜星涼/『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台挨拶
竜星さんは、生田さんの連絡先を役名の“伊藤先生”で登録していたため「先日、うっかり消してしまった。あとで改めて教えてもらっていいですか?」とお詫びのコメント。生田さんは「連絡しても返事がないから、変だと思っていた」と納得した様子だった。

また、森川さんは「以前、三木監督のオーディションに落ちて、もう悔しくて悔しくて。だから、今回ご一緒できてうれしい」。続いて健太郎さんは「三木監督の別作品に出演したことがあるんですが、出演した全シーンがカットされて」と恨み節。森川さん&健太郎さんの思わぬ告白に、三木監督は「申し訳ありませんでした!」と平謝りだった。

健太郎/『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台挨拶
『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top