石原さとみ、4年ぶりの舞台で小説家役!共演に村上虹郎&鈴木浩介ら

最新ニュース

芥川賞作家・小川洋子の小説「密やかな結晶」が、日本アカデミー最優秀脚本賞・読売演劇賞最優秀作品賞の鄭義信による上演台本で、2018年2月に舞台化されることが決定。主演には、舞台出演は4年ぶりとなる女優・石原さとみを迎えることも分かった。

本作は、「妊娠カレンダー」「博士の愛した数式」などで知られる小川氏の同名小説の舞台化。昨日まで存在していたものが今日は消滅している、物もその物にまつわる記憶も全てが跡形もなく消滅している、そんな状況が当たり前となった島に住む小説家、“わたし” を主人公に物語が進む本作。“わたし”を幼いころから世話し見守っているが見た目がずっと20歳位のままである“おじいさん”、小説家の編集者でとある秘密を隠しながらも自分に誇りを持ち、目に見えない恐怖に抗いながら生きている“R氏”、この3人の関係と、島の秩序を取り締まる謎の存在で3人を追いつめて行く秘密警察を中心に、不思議な島で生きる人々を描く物語だ。

今回石原さんが演じるのは、消滅が起こる島にひっそりと暮らす小説家“わたし”。「ここ何年もずっと舞台への思いを強く持っていた」と言う石原さんは、「4年ぶりに舞台に立たせて頂けることを心から嬉しく思います! 実は今回の『密やかな結晶』は、原作を読み、是非これを舞台化して演じてみたいと思い、お願いした作品です。ですので、特に思い入れが強く、いまはただ実現していく高揚感に浸っています」とコメント。

また、おじいさん役を村上虹郎、“わたし”の担当編集者・R氏役を鈴木浩介が演じることも決定。この2人と“わたし”との不思議な三角関係も見どころだ。そのほか山内圭哉、ベンガル、藤原季節、山田ジェームス武、福山康平、風間由次郎が名を連ねる。

なお、本公演のチケットは11月25日(土)より一般発売開始。また、ホリプロオンラインチケットにて先行予約も行われる。

舞台「密やかな結晶」は2018年2月2日(金)~25日(日)東京芸術劇場 プレイハウス (東京・池袋)にて上演。※3月に富山公演、大阪公演、福岡公演あり。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top