オスカー・アイザック主演、知られざる大虐殺の悲劇描く…『THE PROMISE』

映画

ナチスのホロコースト以前に150万人が犠牲となった“知られざる悲劇”、アルメニア人大量虐殺事件に翻弄される男女の運命を描く『THE PROMISE/君への誓い』(原題:THE PROMISE)が、2018年2月3日(土)より日本公開されることが決定。主演のオスカー・アイザックに、シャルロット・ルボン、クリスチャン・ベイルが顔を揃えるポスタービジュアルと予告編が到着した。

オスマン・トルコの小さな村に生まれ育ったアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぼうと首都イスタンブールの大学に入学。フランス帰りのアルメニア人女性アナと惹かれ合うが、彼女にはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスがいた。やがて、第1次世界大戦開戦とともにアルメニア人への弾圧が強まり、ミカエルは強制労働に送られてしまう。からくも脱走し、故郷に向かったミカエルは、アルメニア人に対して虐殺が行われている現実を目撃する。一方、クリスはトルコの蛮行を世界に伝えようと奔走し、アナも行動を共にする。それぞれの信念のもとに激動の時代を生き抜いた3人。ミカエルとアナ、クリスの愛の行方は? そしてアルメニア人たちの命運は――?


この“20世紀最初のジェノサイド(大量虐殺)”に真正面から向き合ったのは、『ホテル・ルワンダ』でルワンダ虐殺の真っ只中に人命を救うために尽力したホテルマンの実話を描いた名匠テリー・ジョージ。同作は、日本での劇場公開を求める署名運動まで巻き起こった。今回も再び知られざる史実に光を当て、悲劇を前に葛藤する人間の姿を描き出す。

また、歴史的惨劇の中で生じた狂おしくも切ない3人の男女のラブストーリーであり、正義を貫き通した人々のヒューマンドラマである本作。主人公の医学生ミカエル役で、ナイーブな魅力を発揮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』まで、規模の大小を問わず大活躍を続けるオスカー・アイザック。

彼の運命の女性アナには、『イヴ・サンローラン』『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』など、カナダ出身でフランスを拠点に活動するシャルロット・ルボン。そして人道派のジャーナリスト、クリスを『ダークナイト』三部作で知られ、『ザ・ファイター』ではオスカーを受賞したクリスチャン・ベイルが演じ、存在感を示している。いずれも本作の切実なテーマに共鳴し、豪華共演が実現。さらにフランスからジャン・レノ、アメリカからジェームズ・クロムウェルと大ベテランの名優が参加。それぞれに実在のフランス海軍提督とアメリカ外交官を演じている。

本作で描かれるアルメニア人の苦難は、現在のトルコ政府が“虐殺の事実を認めていない”ことから、政治的タブーとして表立って語られることが少なく、多くの人にとって“知られざる歴史”であり続けてきた。世界中で内戦や民族紛争などがいまだ絶えない現在、100年前の真実を、受けてとめて。

『THE PROMISE/君への誓い』は2018年2月3日(土)は新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top