生田斗真、中村勘九郎の盟友役!「今回も裸になる予定が」綾瀬はるか&杉咲花ら豪華キャストが発表「いだてん」

最新ニュース

「いだてん~東京オリムピック噺~」
  • 「いだてん~東京オリムピック噺~」
  • 綾瀬はるか
  • 大竹しのぶ
  • 役所広司
  • 竹野内豊
  • 杉本哲太/
  • 杉咲花
  • 永山絢斗
中村勘九郎と阿部サダヲの2人がリレー形式で主演を務める、2019年放送のNHK大河ドラマ第58作目「いだてん~東京オリムピック噺~」。11月1日(水)、本作の出演者発表会見が行われ、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、竹野内豊ら13名の出演が新たに発表された。

宮藤官九郎オリジナル脚本で描く本作は、“知られざるオリンピックの歴史”を描いていく痛快&壮大なドラマ。“オリンピックに初参加した男”金栗四三(勘九郎さん)と、“オリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部さん)2人の主役をリレーしながら展開していく。

そして、今回の発表で明らかになった出演者は、綾瀬はるか、大竹しのぶ、生田斗真、役所広司、竹野内豊、杉本哲太、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、中村獅童、シャーロット・ケイト・フォックス、古舘寛治、ピエール瀧。物語の前半の主人公・金栗四三が、日本で初めてストックホルムオリンピックに挑むという壮大な物語を彩るキャストたちだという。

金栗四三の妻・春野スヤ役を演じる綾瀬さんは、「大河ドラマで宮藤官九郎さんが脚本ということで非常にわくわくしています。初めて共演させていただく俳優の方々、スタッフの方々、そして慣れ親しんだことのあるスタッフの皆さんも今回一緒ということで、撮影がいまから楽しみでなりません」と胸高らかに語り、金栗と共に日本最初のオリンピック選手に選ばれる金栗の盟友・三島弥彦役の生田さんは、「脚本の宮藤官九郎さんとは映画や舞台やドラマなどたくさんの作品を一緒に作ってきたんですけれども、いつも大概裸にさせられることが多くて、今回も裸になる予定がございます」と明かし、「お茶の間の皆さんに恥ずかしくない体作りを目指して、来年から撮影頑張りたいと思います」と意気込み。

また、台本を読んでいないうちからわくわくしていると心境を明かす野口源三郎役の永山さんは、「何かいつも僕が落ちているときに宮藤さんと仕事をすることが多くて、現場でとんでもない役をやってやけくそになって、一緒にまた大きくなるっていうことが結構あるので今回もすごく楽しみにしています」とコメント。17年ぶりの大河ドラマ出演だと話す竹野内さんは、ストックホルムオリンピック 日本選手団監督・大森兵蔵役。「非常に先を行ってた人なんじゃないのかな」と役について語り、「そのあたりも表現できたらおもしろいなと思っています。オリンピック前年に放送ということでとにかく皆さんと力を合わせて楽しんで頑張ってまいります」と宣言。

「足袋のハリマヤ」店主・黒坂辛作を演じるピエールさんは、現在放送中のドラマ「陸王」に出演していることもあり、「金栗さんのためにマラソン足袋を一緒に作っていく役どころとなります。マラソン用の履物を開発するというところで何か初めて聞く設定じゃないなっていう風に思っています。なぜ2作続けてマラソン用の履き物を開発しなくちゃいけないんだろうって、ちょっと思ったりもするんですけども」と驚いたそう。

一方、主演の勘九郎さんも「本当にもう、さすが大河という感じで、この豪華な皆さんと1年半、楽しく撮影ができると思います」と確信。阿部さんも「やっぱり大河ドラマ楽しそうだなっていますごくキャストの皆さん見てて思うし、早く一緒にお芝居したいなと思ってるんですけども」と話す一方で、「勘のいい記者の方気づいてると思うんですけど、ぼく水泳のほうなんですよね。きょう(発表されたのは)陸上の方ばっかりで、もしかしたらお会いしない方が多いのかなっていう気配がしてて」と寂しそう。しかし「新しい、おもしろい大河ができたらなと思ってるし、この大河ドラマを通じて、お客さんお茶間の方の笑顔が増えるといいなっていうのと、永山絢斗君のテンションが上がるといいなと思ってるので、よろしくお願いします、永山さん」とコメントしている。

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は2019年1月よりNHKにて放送予定(全47回)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top