大泉洋、自身の映画祭実施に喜びも「茶番感がひどいな」とぼやき節も!

最新ニュース

大泉洋&前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋&前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋&前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
  • 大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
俳優の大泉洋が11月22日(水)、丸の内TOEIにて開催された「大泉洋映画祭」の初日に、女優の前田敦子と共に登壇。最初の挨拶で「栄えある第1回大泉洋国際映画祭にご来場いただき…」と自ら“第1回”と“国際”をつけ足して映画祭の壮大さをアピールしていたが、主催の東映の関係者が、大泉さんが聞こえるところで前田さんとイベント進行の打ち合わせをしたり、大泉さんをかたどったトロフィーを受賞の前に大泉さんに見せるなど、“やや軽い”対応に「茶番感がひどいというか、もうちょっと重々しくやってほしかったな」とお得意のぼやき節も披露していた。

■俳優界で自分の映画祭をやるなんて僕しかいない!



大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶「大泉洋映画祭」初日に登場した大泉洋
「大泉洋映画祭」は、自身が主演を務める映画『探偵はBARにいる3』の公開を記念して、俳優の大泉洋をより楽しんでもらうために、11月22日より、厳選された主演映画7作品を集めて上映するというもの。期間中に『探偵はBARにいる』、『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』、『しあわせのパン』、『グッモーエビアン!』、『青天の霹靂』、『駈込み女と駆出し男』、『アイアムアヒーロー』が日替わりで上映される。

大泉さんは、「おそらく日本の俳優界でこんなイベントをやるのは僕だけかなと。まあ真似する俳優さんはいないでしょうね」と自嘲気味に語っていたが「すでに公開が終わった自分の作品が、また映画館で上映されるというのは嬉しいことです。自分もまた大きなスクリーンで観たい」と笑顔をみせる。

大泉洋/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
この日は、上映7作品の中から、最優秀主演男優賞が発表されることに。プレゼンターを務めた前田さんが、渡された封筒をから受賞者が書かれた紙を出す姿を、舞台中央で祈りを込めながら見つめていた大泉さんは、自身の名前がコールされると感極まった表情を浮かべる。「まさか取れると思っていなかったので正直驚いています」と大泉さんは感情を込めて語ると、いつもの大泉ワールドに場内は大爆笑に包まれた。

■大泉洋&前田敦子が互いに俳優としての魅力を語る!


大泉さんの大ファンだと公言している前田さんは「“みんなの友達、大泉さん”みたいな感じで、誰にでも明るく楽しく接してくれる人柄も素敵です」と大泉愛を爆発させると「いろいろな役柄を演じていて、普通にファンです。現場でも格好いいですし、演技についてちゃんと相談にも乗ってくれて、自身の悩みとかも隠さず見せてくれるので、とても救われます」と俳優の先輩として、尊敬する存在であることを明かしていた。

大泉洋&前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
そんな前田さんに「忙しいなか、遅い時間に(『探偵はBARにいる3』のロケ地である)北海道に来てフラフラになりながら撮影しているのが印象に残っています。お芝居が好きで、本作でも馬鹿っぽいけどずるがしこい役をうまく演じていていました。あっちゃんが出演してくれたおかげで作品に厚みがでました」と大泉さんも絶賛していた。

前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶大泉洋の大ファン!と語る前田敦子

■大泉洋が語る映画とテレビドラマの違い


さらに大泉さんは「映画もテレビも映像であることは変わらないのですが、映画は時間の掛け方が違う。とことんこだわることにより、絵に奥行きや広がりがあると思うんです」と映画とテレビドラマの違いを語ると、「『探偵はBARにいる3』もみんなで一生懸命作った映画です。この映画祭でパート1と2が観られるので、続けて観ていただいてもいいですし、パート3だけ観ても十分楽しめる作品になっています」と映画をアピールしていた。

大泉洋&前田敦子/「大泉洋映画祭」初日舞台挨拶
『探偵はBARにいる3』は12月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top