『君の名は。』放送記念! 『言の葉の庭』ほか新海誠作品をノーカット一挙放送

最新ニュース

『言の葉の庭』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『言の葉の庭』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『言の葉の庭』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『言の葉の庭』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『秒速5センチメートル』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『秒速5センチメートル』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『秒速5センチメートル』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
  • 『星を追う子ども』(C) Makoto Shinkai / CMMMY
  • 『星を追う子ども』(C) Makoto Shinkai / CMMMY
テレビ朝日では来年、新海誠監督作『君の名は。』を地上波初放送する。この度、この放送を記念して新海監督による4作品を1月1日(月・祝)、2日(火)深夜に全て“本編ノーカット版”で一挙放送することが分かった。

今回放送が決定したのは、『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)、『秒速5センチメートル』(2007年公開)、『星を追う子ども』(2011年公開)、『言の葉の庭』(2013年公開)の4作品。

『言の葉の庭』、『秒速5センチメートル』、『雲のむこう、約束の場所』-(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films/『星を追う子ども』(C) Makoto Shinkai / CMMMY

■1月1日は『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』を放送


『秒速5センチメートル』


まず1月1日(月・祝)に放送されるのは、単館上映ながら異例のロングランを記録した『秒速5センチメートル』。本作は、 『桜花抄』、『コスモナウト』、『秒速5センチメートル』からなる連作アニメーションで、誰もが通り過ぎゆく日常をすくい取った、切なくも美しいラブストーリーを描く。

『秒速5センチメートル』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
小学生のタカキとアカリは、特別な想いを抱きあう中。しかし卒業と同時に、アカリの引越しにより離れ離れになってしまう。中学生になり文通を重ねる2人だが、今度はタカキも鹿児島への転校が決まる。引っ越す前にアカリに会おうと、大雪の中タカキはアカリの元へ向かうが…。時は過ぎ、種子島で高校3年生になったタカキは、同じクラスのカナエに好意を寄せられながらも、ずっと遠くを見つめていた。カナエにとってタカキは、一番身近で、遠い憧れだった。やがて東京で社会人になったタカキは、仕事に追われ日々輝きを失っていく街並みを前に、忘れかけたあの頃の記憶に想いを巡らせる――。

『星を追う子ども』


続けて放送されるのは、冒険ファンタジーに挑んだ意欲作『星を追う子ども』。本作には、金元寿子、入野自由、井上和彦ら実力派声優が出演していることでも話題だ。

『星を追う子ども』(C) Makoto Shinkai / CMMMY
ある日、父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄。その唄を忘れられない少女アスナは、地下世界アガルタから来たという少年シュンに出会う。2人は心を通わせるも、少年は突然姿を消してしまう。「もう一度あの人に会いたい」そう願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、妻との再会を切望しアガルタを探す教師モリサキが現れる。そこに開かれるアガルタへの扉。3人はそれぞれの想いを胸に、伝説の地へ旅に出る――。

■1月2日は『言の葉の庭』『雲のむこう、約束の場所』を放送


『言の葉の庭』


2日(火)にまず放送されるのは、万葉集の一篇から始まる“孤悲(こい)”の物語を描いた『言の葉の庭』。入野さん、花澤香菜と人気声優がメインキャラクターを担当したことでも注目を集め、“デジタル時代の映像文学”と評されるほど美しい映像が胸を打つ。また、秦基博の歌うエンディングテーマ「Rain」が、より一層物語の切なさを際立たせている。

『言の葉の庭』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた…。

『雲のむこう、約束の場所』


そして4作品放送最後は、初の長編劇場アニメーションとして集団制作に挑み、「毎日映画コンクール・アニメーション映画賞」に輝いた『雲のむこう、約束の場所』

『雲のむこう、約束の場所』(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。青森の少年・ヒロキとタクヤは、ユニオン占領下の北海道にそびえる謎の巨大な「塔」まで飛ぼうと、自力で小型飛行機“ヴェラシーラ”を組み立てていた。2人は憧れの少女・サユリとある約束をするが、中学3年の夏、サユリは突然転校してしまう。3年後、ヒロキはサユリがあの夏からずっと原因不明の病により眠り続けたままなのだということを知る。サユリを永遠の眠りから救おうと決意し、タクヤに協力を求めるヒロキだったが──。

緻密で美しい風景描写、そして出会いとすれ違いによって揺れ動く男女の繊細な心情を、完成度の高い物語にのせて鮮やかに描き出すことに定評のある新海監督。世代や国境を超えて多くの人々を魅了する新海監督作品を、ぜひ『君の名は。』と併せてイッキ観してみては?

「『君の名は。』地上波初放送記念 新海誠特集」概要
◆「君の名は。」地上波初放送記念 映画『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』
放送日時:2018年1月1日(月・祝)深夜0時20分~
◆「君の名は。」地上波初放送記念 映画『言の葉の庭』『雲のむこう、約束の場所』
放送日時:2018年1月2日(火)深夜1時05分~
※テレビ朝日にてノーカット放送
映画『君の名は。』は2018年1月3日(水)21時~テレビ朝日にて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top