吉沢亮、大ファンの作家・中村文則から「すごい顔面」と絶賛される!

最新ニュース

『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 吉沢亮/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 新木優子/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 玉木宏/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 玉木宏/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 玉木宏/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 新木優子&玉木宏&吉沢亮/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
  • 吉沢亮/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
映画『悪と仮面のルール』の完成披露試写会が12月12日(火)に開催され、主演の玉木宏をはじめ、新木優子、吉沢亮、原作者の中村文則、中村哲平監督が舞台挨拶に登壇した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

■吉沢亮、出演オファーに「ビビった!」


この世に災いをなす絶対的な悪=邪になるべく育てられるも。愛するひとりの女性を守るために運命に抗い、戦い続ける男の究極の愛を描き出す。

新木優子&玉木宏&吉沢亮/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
玉木さんは、殺人や顔を変えることさえも厭わずに愛する女性のためだけに生きる主人公について「悪役と言われがちですが、純粋な悪ではないと思います。悪の家系に生まれ、悪として育てられるけど、純粋な邪となれなかった男。(新木さん演じる)香織に出会ったことで理性が生まれ、彼女を守るために人を殺めたり、善悪の葛藤に揺れる男性であり、地に足の着いた人間味あふれる主人公だと思います」と分析。「難しく考えると難しい作品ですが、根底にあるのは香りを想うピュアな気持ちに突き動かされているということ。そこに焦点を合わせてシンプルに演じました」とふり返る。

吉沢さんは、もともと、中村さんの作品の大ファンだったそうで「この作品だけでなく、ほぼ全ての作品を読んでる」「いまとなりにいるのも緊張している」というほどで、最初にオファーが届いたときは「勝手にプレッシャーを感じてビビっていました」と明かす。

吉沢亮/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
そんな吉沢さんについて、原作者の中村さんは「アクセントをつける役ですが、役柄によって顔がどんどん変わっていく」と絶賛! 「これからすごいことになる役者さん。可能性の塊のような方」と手放しでほめたたえる。初めて吉沢さんと顔を合わせた際の印象についても「すごい顔面! こんな顔面があるんだ! って思いました」と独特の表現で吉沢さんの美しさを表現し、会場は笑いに包まれた。

■新木優子、究極の愛に憧れるも「私生活には転がってない…(苦笑)」



今回、玉木さんが演じた、愛する人のためなら人殺しも整形も厭わない男、そんな強い思いについてどう思うか? という質問には、玉木さんは「そうありたいと思うけど、こういう世の中でなかなか一途であることは難しい。この2人のように互いに一人の相手をずっと思い続ける――そうあれたらと思う素敵な関係性です」と憧れを口にする。

玉木宏/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
新木さんは「女性はこういう風に男性に守られたい」と玉木さん同様に憧れを口にしつつ「でもこれは究極なので、私生活には転がってないな…って(笑)」とも。「自分を捨ててここまで愛せる――愛される側もすごいけど、その何倍、何百倍もの努力や葛藤が愛する側にはある。そういう人を、いつか見つけられたらいいなと思います」と語った。

吉沢さんは、そんな強い思いを素敵だと認めつつも「ちょっと病的で危なっかしいですよね(笑)」とも。「そこまで究極の愛は奇跡ですよね。なかなか普通の人間はそこまで到達できないと思うし、現実にあったらすごく素敵だなと思います」と語っていた。

■玉木宏の今年の漢字一字は「繋」!



玉木宏/『悪と仮面のルール』完成披露試写会
またこの日、年末恒例の今年の漢字一字が「北」であることが発表されたが、玉木さんは自身にふさわしい今年の漢字一字として「繋」を挙げる。本作が1年半前の撮影から様々な人々のつながりの中でこうして完成を迎えたこと、また自身、久々の舞台出演を果たしたことなどに触れ「僕らが作った世界とお客さんが繋がる――そういうことを感じた1年でした」とふり返った。

『悪と仮面のルール』は2018年1月13日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top