藤木直人&松雪泰子、歌唱シーンも!ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』

映画

『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
藤木直人と松雪泰子が、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描く、ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』の日本版声優として参加することが明らかになった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

■藤木直人、主人公の相棒“ガイコツ”役!


藤木さんが声をあてるのは、主人公のミゲルが迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、共に冒険するガイコツのヘクター。日の出までに元の世界へ帰らないと、永遠に家族に忘れられてしまうという最大のピンチに立たされたミゲルに、手を差し伸べる重要なキャラクターだ。またお調子者で陽気なヘクターだが、実は彼にも家族に会いたいという切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えている。

『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

アフレコ時には「子どもたちの写真を台本に」


今回ディズニー/ピクサー声優初挑戦となる藤木さんは、「ピクサー作品をやってみたいという想いがあったので、とても嬉しい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプレッシャーがありました」と心境を告白。本作について「色々な年代の人が楽しめて、心に染み入る話なんじゃないかな。子どもが見ても楽しんでもらえると思いますし、それぞれの世代で感じる部分があって、いろんな見方ができる作品だと思いました」と話し、自身の子どもと一緒に観たいという藤木さん。“家族”がテーマの本作ということで、アフレコ時には「子どもたちの写真を台本に貼ってやってました」と明かした。


■松雪泰子が演じるのは、主人公のひいひいおばあちゃん


一方、松雪さんが演じるのは、音楽を選び家族を捨てたミュージシャンの夫との過去から家族に音楽を禁じた、ミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダ。彼女は“死者の国”に迷い込んだミゲルが音楽が大好きなことを知り、今後一切音楽をやらなければ生きている世界に戻すと言うが…。

『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

楽曲に要注目! 「聴いているだけで胸を打たれました」


藤木さん同様、ディズニー/ピクサー声優初挑戦となった松雪さんは、本作について「なんといっても曲が素晴らしくて、聴いているだけで胸を打たれました。自然と涙がこぼれてくる力強さがあり、言葉もスッと魂に刺さってくるようでした。例えるなら子どものころにおもちゃ箱を開けてキラキラした宝石がたくさん詰まっているものを見て嬉しかった感覚と同じような、カラフルな色彩が全編を通して続くのも観ていてワクワクしました」と絶賛。

「家族とはいつもつながっている感覚があります」と語る松雪さんは、「一番の味方でいてくれる存在です。親の世代、そのまた親の世代がどんな思いで子どもたちを育ててきたのかということを、自分が子育てをするとより強く感じたりすることがあります。家系図を見てみたり、ひいひいおばあちゃんがどんな人だったのかという話を改めて聞いたときは、代々守ってきてくれたことによって、いま自分がここに存在できているんだなと思い、感謝の気持ちがすごくあります」と思いを明かしている。


■藤木さん&松雪さんは歌唱シーンも!



『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ディズニー担当者は、「藤木さんは映画やドラマ、音楽活動など幅広く活躍しており、ヘクターの陽気さと孤独を併せ持つ難しい演技、家族を想う優しさの表現と、歌唱もお任せできると思いました」、「イメルダは家族を愛していて、芯の強さを持った女性。情熱的な歌唱シーンもあります。松雪さんは映画、ドラマ、またミュージカルを含む舞台経験も豊富なことから、イメルダの強さ、厳しさの中にある家族への愛情を表現していただくことができる、また歌もお任せできると思いオファーしました」と2人の起用理由を語っており、歌唱シーンもあると明かしている。

さらに、ミゲルが憧れる伝説の歌手デラクルスには、「劇団☆新感線」出身の俳優・橋本さとしに決定。ミゲルが好きな名曲「リメンバー・ミー」を生前に遺した伝説の国民的ミュージシャンを演じる。

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』は3月16日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top