不思議な“彼”との究極の愛の物語『シェイプ・オブ・ウォーター』予告

映画

『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』(C)2017 Twentieth Century Fox
  • ギレルモ・デル・トロ-(C)Getty Images
  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
先日のゴールデン・グローブ賞2部門受賞に続き、クリティクス・チョイス・アワードでは最多4部門を獲得したギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』。このほど、待望の予告編映像がお披露目となった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

その比類なき世界観でベネチア国際映画祭を魅了し、満場一致で金獅子賞を獲得。第75回ゴールデン・グローブ賞では監督賞と作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)を受賞し、賞レースで大きな注目を集めている本作。

このたび到着した予告編映像では、声を発することのできない女性イライザと、不思議な生きものとの切なくも愛おしい、究極のファンタジー・ロマンスを描き出している。


1962年、冷戦時代のアメリカ。清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は、毎日変わらない生活を送っていた。だが、ある日、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。

研究所に秘かに運び込まれたのは、不思議な生きもの。アマゾンでは神のように崇められていたという“彼”(ダグ・ジョーンズ)。その魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで“彼”に会いに行くように。子どものころのトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。2人の心が通い始めたとき、イライザは“彼”が、間もなく軍人ストリックランド(マイケル・シャノン)によって実験の犠牲になると知る。

「彼を助けなければ、私たちも人間じゃないわ」と必死で訴えるイライザ。ゼルダや、優しい隣人の画家ジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)らの助けを借りて、イライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか…。

『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
『人魚姫』から『シザーハンズ』、『美女と野獣』まで、いつの時代も愛されてきた種族を超えたラブストーリーの新しくも究極の形を、まずはこちらから確かめてみて。

『シェイプ・オブ・ウォーター』は3月1日(木)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top