映画 邦画ニュース記事一覧(276 ページ目)

村上ショージ、阿部寛とのコンビ結成を熱望! 画像
レポート

村上ショージ、阿部寛とのコンビ結成を熱望!

直木賞作家・道尾秀介の人気ミステリーを映画化した『カラスの親指』の完成会見が8月16日(木)に都内ホテルで開かれ、主演の阿部寛に村上ショージ、原作者の道尾さんが出席した。

“悪”の根源が明かされる! 伊藤英明主演『悪の教典』の序章が配信決定! 画像
スクープ

“悪”の根源が明かされる! 伊藤英明主演『悪の教典』の序章が配信決定!

様々な問題が山積する高校を舞台に、教師が生徒を大殺戮するという衝撃的な題材を扱う三池崇史監督×伊藤英明主演の話題作『悪の教典』。このたび、映画では描ききれなかった貴志祐介の原作ストーリーを映像化したもう一つの物語「悪の教典−序章−」が10月15日(月)より携帯電話専用放送局「BeeTV」にて配信されることが決定! これに伴い、ドラマ版のポスタービジュアルが公開された。

山田洋次監督×久石譲が『東京家族』で初タッグ! 会心の出来に思わず「ブラボー!」 画像
スクープ

山田洋次監督×久石譲が『東京家族』で初タッグ! 会心の出来に思わず「ブラボー!」

日本映画界の巨匠・山田洋次監督の3年ぶりの最新作にして監督生活50周年の記念作品となる『東京家族』で、このほど音楽界の巨匠・久石譲が音楽を手がけることが明らかとなった。夢の初タッグを組んだばかりの2人の巨匠から興奮のコメントが到着!

『ハイザイ』ともさかりえインタビュー 女優として、妻として、母として 画像
インタビュー

『ハイザイ』ともさかりえインタビュー 女優として、妻として、母として

撮影中、カメラの前に立つ彼女の圧倒的な透明感にドキドキさせられ、取材中、どこまでもさらけ出してくれそうな気さくさに惚れ惚れさせられ、共演者で夫でもあるスネオヘアーについて質問を投げかけると「共演はイヤですね…って言うと語弊がありますけど(笑)、やっぱり、照れくさいじゃないですか」というサラリとした答えに親近感を抱かされる。身構えたコチラの壁をふんわり軽やかに飛び越えてくるような、女優・ともさかりえはそんな好感度を一瞬にして相手に与えてしまうチャーミングな人だ。

大倉忠義&桐谷美玲、号泣ラブストーリー「100回泣くこと」映画化でカップル役に 画像
スクープ

大倉忠義&桐谷美玲、号泣ラブストーリー「100回泣くこと」映画化でカップル役に

今年でデビュー8周年を迎える人気アイドルユニット「関ジャニ∞」きっての演技派として目覚しい活躍を見せる大倉忠義と、『荒川アンダーザブリッジ』を始め話題作への出演が続く若手実力派女優、桐谷美玲が号泣ラブストーリーでタッグ! 野間文芸賞作家・中村航の人気恋愛小説「100回泣くこと」(小学館刊)の実写映画化で初共演を果たすことが決定した。

世界に誇る日本の才能 内田けんじ監督『鍵泥棒のメソッド』、トロント映画祭に出品! 画像
スクープ

世界に誇る日本の才能 内田けんじ監督『鍵泥棒のメソッド』、トロント映画祭に出品!

9月6日(現地時間)から開催となる第37回トロント国際映画祭からさらなる吉報! 日本映画界を牽引する奇才、内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』がこのほど同映画祭の「コンテンポラリー・ワールド・シネマ」部門に正式出品されることが決定した。

物議を醸すか? タナダユキ監督『ふがいない僕は空を見た』トロント映画祭出品決定! 画像
スクープ

物議を醸すか? タナダユキ監督『ふがいない僕は空を見た』トロント映画祭出品決定!

第24回山本周五郎賞を受賞した窪美澄の同名小説を原作に、「性」と「生」を真摯に描いたタナダユキ監督の4年ぶりの長編最新作『ふがいない僕は空を見た』がこのほど、9月6日(現地時間)より開幕する第37回トロント国際映画祭「コンテンポラリー・ワールド・シネマ」部門に正式出品されることが決定した。

AKB48大島優子“ガチ”な高校生に熱視線「制服っていいですね」と瞳キラキラ 画像
レポート

AKB48大島優子“ガチ”な高校生に熱視線「制服っていいですね」と瞳キラキラ

コミック累計600万部を誇る真鍋昌平の同名人気コミックを、連続TVドラマに続いて映画化した『闇金ウシジマくん』の公開を記念し、8月11日(土)、都内で高校生限定のティーチイン試写会が行われ、主演の山田孝之とヒロイン役の大島優子(AKB48)が約100人の現役高校生と“お金”や“人生”について語り合った。

樹木希林、松坂桃李に辛口アドバイス 「スターになるには拝んでもダメ!」 画像
レポート

樹木希林、松坂桃李に辛口アドバイス 「スターになるには拝んでもダメ!」

映画『ツナグ』のヒット祈願イベントが8月13日(月)に神田明神(東京・神田)で行われ、主演の松坂桃李と樹木希林、平川雄一朗監督と一般から招待された15組のペアが出席。映画の完成を報告すると共に祈りを捧げた。

客席総立ち、愛あふれる手紙、そしてゾンビ!『桐島』初日は感動サプライズの嵐 画像
レポート

客席総立ち、愛あふれる手紙、そしてゾンビ!『桐島』初日は感動サプライズの嵐

第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのベストセラー小説を映画化した『桐島、部活やめるってよ』が8月11日(土)、全国で封切られた。東京・新宿バルト9で本編上映後に初日舞台挨拶が行われ、主演の神木隆之介を始め、共演する橋本愛、大後寿々花、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前田朋哉、鈴木伸之、太賀、そして吉田大八監督という総勢13人の“チーム桐島”が登壇。観客がスタンディングオベーションで出迎えると、早速橋本さんは号泣! 「感動しております。人生の中で思い出に残る1日です」(神木さん)、「こんな光景見たのは人生初です。ちょっと戸惑ってしまいましたが、最高に幸せ」(橋本さん)。しかし、この後さらに登壇者を感動させる出来事が…。

スネオヘアー、共演シーンはなくとも妻・ともさかりえと沖縄でラブラブ? 画像
レポート

スネオヘアー、共演シーンはなくとも妻・ともさかりえと沖縄でラブラブ?

映画『ハイザイ〜神さまの言うとおり〜』の完成披露試写会が8月9日(木)に都内で行われ、主演の落合モトキを始め深水元基、スネオヘアーが舞台挨拶を行なった。

「テクマクマカロン」で恋が成就!? 『ひみつのアッコちゃん』特別レシピを大公開! 画像
スクープ

「テクマクマカロン」で恋が成就!? 『ひみつのアッコちゃん』特別レシピを大公開!

今年で誕生50周年を迎える赤塚不二夫の代表的少女漫画「ひみつのアッコちゃん」を綾瀬はるか主演で実写映画化した『映画 ひみつのアッコちゃん』。本作の公開を記念して、アッコちゃんの変身アイテムであるキラキラのコンパクトミラーをイメージした、乙女心をくすぐる洋菓子「テクマクマカロン」が誕生! その特別レシピがシネマカフェ独占で到着した。

『桐島、部活やめるってよ』神木隆之介×大後寿々花 心地よい、幼なじみの関係 画像
インタビュー

『桐島、部活やめるってよ』神木隆之介×大後寿々花 心地よい、幼なじみの関係

芸能界における幼なじみ。こちらのそんな指摘に神木隆之介はチラリと隣りの大後寿々花を見やり「そうなんです。珍しいでしょ?」とニッコリと笑う。共に1993年生まれで役者としてのデビューの時期もわずか1年違い。ドラマ「あいくるしい」や映画『遠くの空に消えた』など、これまでもたびたび共演してきた2人がまもなく公開される『桐島、部活やめるってよ』で高校のクラスメイトという間柄を演じている。この春、高校を卒業した2人だが、撮影が行われたのは在学時。彼らの生の息吹が映画に焼きつけられていると言える。

藤原竜也の嫉妬とグチに、松田龍平「被害妄想」と一蹴! 画像
レポート

藤原竜也の嫉妬とグチに、松田龍平「被害妄想」と一蹴!

『青い春』や『空中庭園』の豊田利晃監督が藤原竜也を主演に迎えて贈る最新作『I’M FLASH!』の公開に先駆け、8月7日(火)、本作の完成披露試写会が行われ、主演の藤原さんを始め、松田龍平、水原希子、板尾創路、仲野茂、そして豊田監督が舞台挨拶に登壇。撮影裏話や共演の感想など赤裸々トークを繰り広げ、詰めかけた多くの女性ファンたちを沸かせた。

見つめられる淑女&告白する紳士! 若手俳優×文豪の恋愛小説がオムニバス映画に 画像
スクープ

見つめられる淑女&告白する紳士! 若手俳優×文豪の恋愛小説がオムニバス映画に

「見つめられる淑女たち」、「告白する紳士たち」という2つのテーマのもと、日本映画界を牽引する若手俳優6名と文豪の恋愛短編小説が織りなすオムニバス映画『BUNGO〜ささやかな欲望〜』がこの秋、全国にて公開されることが決定した。

永山絢斗、銀髪カツラでコスプレ男子に! R−18指定作品で濃密ラブに挑戦 画像
スクープ

永山絢斗、銀髪カツラでコスプレ男子に! R−18指定作品で濃密ラブに挑戦

蒼井優主演で一人の女性の旅路を描いた『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞した女流監督・タナダユキの4年ぶりとなる長編作品『ふがいない僕は空を見た』が、今冬より公開される。W主演を務める永山絢斗と田畑智子の濃密かつ衝撃的なラブシーンも見どころの一つである本作の最新予告編とポスター・ビジュアルが解禁となった。

岩井俊二監督、巨匠・坂本龍一に若き日の“罪”をカミングアウト? 画像
レポート

岩井俊二監督、巨匠・坂本龍一に若き日の“罪”をカミングアウト?

「“映画音楽”で語り合う」をコンセプトに、作曲家・坂本龍一が主催する「坂本龍一 Selections スコラ映画祭」が8月6日(月)よりスタートし、『リリイ・シュシュのすべて』や『花とアリス』などで知られる岩井俊二監督が初日を飾るスペシャルゲストとして登壇。映画音楽の魅力について、予定されていた時間を超えるディープなトークを繰り広げた。

『桐島、部活やめるってよ』東出昌大インタビュー パリコレ・モデルから役者への挑戦 画像
インタビュー

『桐島、部活やめるってよ』東出昌大インタビュー パリコレ・モデルから役者への挑戦

「クランクアップを迎えて『おつかれさまでした』って声をかけられたとき、思わずワンワン泣いちゃったんですよ」——。それは東出昌大というひとりの俳優が誕生した瞬間だった。10代の頃からモデルとして活躍し、3度にわたってパリコレのランウェイを歩くなど世界の舞台で戦ってきた。そんな彼が23歳にして俳優に転身し、初めて臨んだのが映画『桐島、部活やめるってよ』である。初めての演技の中で24歳のルーキーは何を感じ、何を手にしたのか? 映画の公開を前に胸の内を語ってくれた。

織田裕二“青島あるある”を披露 「よく本物だって言われる」 画像
レポート

織田裕二“青島あるある”を披露 「よく本物だって言われる」

シリーズ最終章『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の公開を前に、スマホ向け放送局NOTTVで「係長 青島俊作」の第2弾「係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている!」が独占放送されることになり、8月3日(金)、都内で完成記念試写会が行われ、主演を務める織田裕二を始め、共演する夏帆と長瀬国博監督が出席した。

篠原涼子&香川照之、 『ONE PIECE FILM Z』で“新世界”に挑戦! 画像
スクープ

篠原涼子&香川照之、 『ONE PIECE FILM Z』で“新世界”に挑戦!

2009年に公開され記録的なヒットを樹立した『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から早3年、国内はもとより世界中が待ち望んだ劇場版『ONE PIECE』シリーズ最新作『ONE PIECE FILM Z』が今冬、公開を迎える。このほど篠原涼子と香川照之がこの話題作のゲスト声優として参加することが発表された。

『かぞくのくに』井浦新の静寂なる熱 「人間そのものへの興味が尽きない」 画像
インタビュー

『かぞくのくに』井浦新の静寂なる熱 「人間そのものへの興味が尽きない」

「なりきる」というのとは違う。「魂をすくい取る」とでも表現すべきだろうか? 井浦新は自らが演じる人物に真摯に向き合い、映画の中を生きる。「政治や思想ではなく、そうやって生きるに至った人物そのものに興味がある」という本人の言葉通り、革命を信じ内ゲバを繰り広げた極左の活動家から自衛隊の決起を呼びかけ割腹自殺を遂げた三島由紀夫、旧日本軍の軍人に怨霊伝説で後世にその名を記憶される悲劇の帝まで、イデオロギーや時代を超えて様々な人物を演じてきた。そんな彼が最新作『かぞくのくに』で演じるのは、70年代に家族と別れ北朝鮮に移住し、25年を経て病気療養のために日本に一時帰国をすることになったひとりの“異邦人”。在日コリアン2世であるヤン・ヨンヒ監督自身の体験を基にした本作で井浦さんは何を感じ、伝えようとしたのか?

『鍵泥棒のメソッド』主演の堺雅人、過去の“知ったかぶり”を告白 画像
レポート

『鍵泥棒のメソッド』主演の堺雅人、過去の“知ったかぶり”を告白

先の読めない展開とコミカルな人間模様に定評がある内田けんじ監督の最新作『鍵泥棒のメソッド』の完成披露試写会が8月1日(水)に都内で行われ、内田監督を始め、主演の堺雅人、香川照之、広末涼子、森口瑤子、スペシャルゲストとして主題歌「点描のしくみ」を手掛けた吉井和哉が舞台挨拶に登壇した。

  1. 先頭
  2. 220
  3. 230
  4. 240
  5. 250
  6. 260
  7. 271
  8. 272
  9. 273
  10. 274
  11. 275
  12. 276
  13. 277
  14. 278
  15. 279
  16. 280
  17. 281
  18. 290
  19. 最後
Page 276 of 297
page top