『人間失格』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

「生まれて すみません」――。資産家の息子・葉蔵(生田斗真)は、過剰な自意識から他人となじめず、自身の存在意義を求めながら、酒や女に溺れていく。破滅に向かってさまよう葉蔵がたどりついた先には、一体何が待ち受けているのか? 太宰治生誕100周年を記念し、いまなおロングセラーとなっている彼の最高傑作を映画化。TVドラマへの出演が続く若手人気俳優、生田斗真が映画初出演にして主演を飾る。

スタッフ

監督

荒戸源次郎

キャスト

作品データ

  • 2010年2月20日より角川シネマ新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

『人間失格』関連記事

木村佳乃、涙のブルーリボン 生田斗真は「ほかの人がやらないことやりたい」と決意 画像
レポート

木村佳乃、涙のブルーリボン 生田斗真は「ほかの人がやらないことやりたい」と決意

第53回ブルーリボン賞の授賞式が2月15日(火)、都内で開催され主演男優賞の妻夫木聡、主演女優賞の寺島しのぶをはじめ、受賞者が一堂に会した。助演女優賞に輝いた木村佳乃が壇上で感極まって声を詰まらせる一幕も!

長瀬智也、生田斗真ら、うぬぼれ屋の男たちがズラリ 画像
レポート

長瀬智也、生田斗真ら、うぬぼれ屋の男たちがズラリ

人気脚本家、宮藤官九郎が手掛ける7月期TBS系ドラマ「うぬぼれ刑事」の制作現場会見が6月29日(火)、横浜市青葉区の緑山スタジオで行われ、主演する人気グループTOKIOの長瀬智也、共演の生田斗真、ヒロイン役の中島美嘉らが出席した。

ベルリン“銀”の快挙の寺島しのぶ、大阪で会見「ヤッター!」 画像
レポート

ベルリン“銀”の快挙の寺島しのぶ、大阪で会見「ヤッター!」

第60回ベルリン国際映画祭のコンペティション出品作『キャタピラー CATERPILLAR』(若松孝二監督)で日本人として35年ぶり、3人目の最優秀女優賞(銀熊賞)を獲得した寺島しのぶが2月21日(日)、大阪・中央区のシアターBRAVA!で会見し、「ヤッター!」と喜びの声を上げた。

生田斗真 歓喜の涙「幸せです」 初主演映画『人間失格』初日前夜に舞台挨拶 画像
レポート

生田斗真 歓喜の涙「幸せです」 初主演映画『人間失格』初日前夜に舞台挨拶

俳優、生田斗真が2月19日(金)、東京・ららぽーと豊洲で行われた初主演映画『人間失格』のプレミアナイトで舞台挨拶に立ち、感極まって涙した。

『人間失格』荒戸監督インタビュー 「生田斗真?50年に一人だね、モノが違うのさ」 画像
インタビュー

『人間失格』荒戸監督インタビュー 「生田斗真?50年に一人だね、モノが違うのさ」

太宰治の分身とも言われる主人公・葉蔵のごとく、この人も相当、歪んでる。いや、正しくは還暦をとっくに過ぎて、なお尖がっている。太宰の生誕から1世紀と1年目に公開される『人間失格』の監督・荒戸源次郎のことである。何せこちらが「太宰への思い入れ」なんて聞こうものなら「そんなのないよ。小説と映画は違うしね(笑)」と言い放ち、「そもそも私に感情移入なんてないからね(笑)。客観ですよ、客観」と言い切る。でも、その眼差し、そして俳優たちについて語る口調は不思議と温かい。さて、何をどこまで話してくれるのか? 荒戸監督に話を聞いてみた。

押切もえ、いまもだめんず好き!? 「太宰大好き。守ってあげたい」 画像
レポート

押切もえ、いまもだめんず好き!? 「太宰大好き。守ってあげたい」

モデルの押切もえが2月16日(火)、東京・紀伊國屋サザンシアターで行われた映画『人間失格』のトークイベントに出席し、“だめんず”好きぶりを披露した。

生田斗真との絡みに豪華女優陣から黄色い声、続々? 『人間失格』完成披露 画像
レポート

生田斗真との絡みに豪華女優陣から黄色い声、続々? 『人間失格』完成披露

俳優、生田斗真の初主演映画『人間失格』の完成披露試写会が1月27日(水)、東京国際フォーラムで行われ、石原さとみら豪華女優陣が生田さんとの絡みについて思い思いに語った。

松たか子×浅野忠信『ヴィヨンの妻』がモントリオール出品で、太宰イヤーを飾る! 画像
スクープ

松たか子×浅野忠信『ヴィヨンの妻』がモントリオール出品で、太宰イヤーを飾る!

39年の短い生涯の中で、数々の傑作を生み出し、昭和の文学界の担い手の一人としていまなお愛される、太宰治。生誕100周年を迎え、まさに“太宰イヤー”と言うにふさわしく『斜陽』、『パンドラの匣』、『人間失格』と続々と著書が映画化される中、浅野忠信、松たか子ほか豪華キャストで贈る傑作ラブストーリー『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』が、このたびモントリオール世界映画祭のコンペティション部門に正式出品することが決定した。

page top