『川の底からこんにちは』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

上京して5年。仕事も恋愛もうまくいかない日々を送っていたOL・佐和子(満島ひかり)は、父親が病に倒れたことで田舎に帰郷して、しじみ工場の後継ぎをすることを余儀なくされる。その工場で働くオバチャンたちはくせ者揃いで、しじみの売上も下がるばかり。さらなる受難の日々が始まろうとしていたが、佐和子はこれまでの“妥協”の人生に初めて向き合うことを決意する。

スタッフ

監督

石井裕也

キャスト

  • 満島ひかり
  • 遠藤雅
  • 相原綺羅
  • 志賀廣太郎
  • 岩松了

作品データ

  • 2010年5月1日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

『川の底からこんにちは』関連記事

松田龍平&宮﨑あおいが「言葉」を紡ぐ 本屋大賞受賞作「舟を編む」映画化決定! 画像
スクープ

松田龍平&宮﨑あおいが「言葉」を紡ぐ 本屋大賞受賞作「舟を編む」映画化決定!

「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞を受賞した三浦しをんの2012年本屋大賞第1位に輝いたベストセラー小説「舟を編む」(光文社刊)が、『川の底からこんにちは』、『ハラがコレなんで』など人々の悲喜こもごもをユーモラスに描く俊英、石井裕也監督指揮のもと実写映画化されることが決定! その主要キャストに松田龍平、宮﨑あおいの実力派コンビが抜擢されたことが明らかとなった。

PFFアワード審査員を務めた瑛太「いつか一緒に」若き才能にエール 画像
レポート

PFFアワード審査員を務めた瑛太「いつか一緒に」若き才能にエール

映画監督の登竜門として数多くの才能を輩出してきた「PFFぴあフィルムフェスティバル」の各賞を発表する「PFFアワード2011」表彰式が9月30日(金)、東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで行われた。33回目を迎える今回は602本の応募作品から、17本の入選作品を選出。その中から北川仁監督の『ダムライフ』が栄えあるグランプリを受賞した。

木村佳乃、涙のブルーリボン 生田斗真は「ほかの人がやらないことやりたい」と決意 画像
レポート

木村佳乃、涙のブルーリボン 生田斗真は「ほかの人がやらないことやりたい」と決意

第53回ブルーリボン賞の授賞式が2月15日(火)、都内で開催され主演男優賞の妻夫木聡、主演女優賞の寺島しのぶをはじめ、受賞者が一堂に会した。助演女優賞に輝いた木村佳乃が壇上で感極まって声を詰まらせる一幕も!

満島ひかり 「モテキ」発売イベントで弟・真之介をちゃっかりPR 画像
レポート

満島ひかり 「モテキ」発売イベントで弟・真之介をちゃっかりPR

先日発表された第34回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞(『悪人』)を受賞した満島ひかりが12月19日(日)、東京・タワーレコード新宿店で行われた「モテキ」DVDボックスの発売イベントに、脚本と演出を手掛けた大根仁監督と共に出席した。満島さんは今年10月、主演作『川の底からこんにちは』のメガホンをとった石井裕也監督との結婚を発表したばかり。結婚後、公の場に登場するのはこれが初めてで、会場もどこか祝福ムード。さらに、実弟で俳優の満島真之介がサプライズ登場し、ファンを沸かせた。

満島ひかりインタビュー 「“生っぽい”モノを目指したい」 画像
インタビュー

満島ひかりインタビュー 「“生っぽい”モノを目指したい」

女優・満島ひかりを突き動かすものは何なのか——? 一条ゆかりの漫画を原作にした『プライド』では、のし上がるために手段を選ばない音大生を見事に演じきり“少女漫画”に映像作品としての息吹を与え、園子温監督の『愛のむきだし』ではタイトルそのままに、愛憎をむき出しにしたヒロインを体現。スクリーンから、凄まじいまでのエネルギーを発散させている。最新主演作『川の底からこんにちは』では「しょうがない」を口癖に生きていたものの、どうしようもない状況に追い込まれた末に、見事に“ケツをまくり”、生きる道を切り拓く主人公・佐和子を演じている。「本来の私自身に一番近い役」とは演じた満島さんの佐和子評。詳しく話を聞いた。

満島ひかりが白ずくめ防菌服で“中の下の人生”を歌い上げる特別映像が到着 画像
スクープ

満島ひかりが白ずくめ防菌服で“中の下の人生”を歌い上げる特別映像が到着

国内映画賞の新人賞を次々と獲得し、注目を集める満島ひかり主演の『川の底からこんにちは』の劇中に登場するしじみ加工工場の“社歌”を満島さん演じる“社長”佐和子と社員たちがヤケ気味に熱唱するシーンを収めた特別映像が到着した。

page top