菊之助の快楽主義、黒木瞳、井上真央を敵に回す!

最新ニュース

豪華絢爛! 『怪談』キャスト&監督揃いぶみ
  • 豪華絢爛! 『怪談』キャスト&監督揃いぶみ
  • 菊之助の男の本音に美女軍団大ブーイング
  • 妖艶な魅力をたたえる黒木瞳「“ラブホ”に来て」
梨園のプリンス絶体絶命? この夏注目の大作『怪談』の完成披露試写会が6月8日(金)、都内で開催された。舞台挨拶には中田秀夫監督、主演の尾上菊之助をはじめ、劇中で菊之助さんと愛憎のドラマを繰り広げる黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香の5人が色鮮やかな着物を身にまとって勢揃いし、会場は大きな盛り上がりを見せた。

菊之助さんが演じた新吉は、この5人の美女たちの愛憎を一身に受けるという、なんともうらやましい役どころ。新吉について「彼のとった、刹那的な性的快楽だけを求めるという行動は汚らわしいものであり、憤りを感じます」と言いつつも…「けれども、若さゆえに起こしてしまう過ちには、世の男性は共感できるのでは?」と一気にトーンダウン。会場は観客を含め大多数が女性とあって、この発言で菊之助さんに厳しい視線が。あわてて「でも新吉の気持ちは常に(黒木さん演じる)豊志賀に…」とフォローを入れるも時すでに遅し。黒木さんが「男は過ちを犯していいということ?」と厳しく突っ込み、真央さんも「納得いきませんね」。これには梨園のプリンスもタジタジ。「こういう男に惚れてしまうんですねぇ、女は…」と溜息をつく黒木さん。豊志賀は死してなお、愛と嫉妬で新吉に取り憑く。普段の黒木さん自身はどうかと言うと「愛が深ければ嫉妬深くなるものなんでしょうけど…まだまだ修行が足りないようで」と苦笑い。

そして真央さん演じるお久の最大の見せ場、それは恐ろしい逆さ吊り。「私だとわかってくれる人が何人いるでしょうか(笑)。ゾっとする場面としてみなさんの印象に残ってくれたら」と語った。

新吉への愛(そして憎)の表現の仕方は5人ごとに異なる。麻生さん扮するお累は堪え忍ぶ愛を見せるが「新吉に冷たい表情をされて、すごく悲しくつらかったです。私は自分を愛してくれない男性は愛せないので…」。木村さんは豊志賀の妹・お園を演じたが「お園は新吉への想いを、『言えない』のではなく『言わない』という強さを持った女性。自分だったら『言えない』か『がんばって言う』のどちらかですね」と笑う。それぞれ、素の自分とは違った愛の表現に苦労しながらも楽しんだ様子。瀬戸さん扮するお賤は、唯一新吉に惹かれず、彼を陥れようとする。「現場では監督に煽られながら“悪女”を常に意識しました」という瀬戸さん。「新吉にまったく惚れてない、というわけでもないのでは」とも。

“古典”、そして“ホラー”というイメージに対し、菊之助さんは「古典ではあっても、現代に通じる愛のドラマ」と語る。黒木さんも「私はこの映画、“ラブホ”(ラブ・ホラー)って呼んでます」と恐怖だけでなく人間の情愛が描かれていることを強調。中田監督も「“得体の知れない”恐怖ではなく、よく見知った、“得体の知れた”怖さ・情念を描いている。それは深い愛があってこそ」と愛と恐怖の融合を説く。すでに世界50か国での公開も決まっているが、監督は「自信はあります」と堂々の宣言。伝統美と色気にもこだわりを見せたという監督だが「降り出した雨が、やがて雪へと変わる場面があるのですが、黒木さんを見つめる菊之助さんの表情に思わずゾッとした」という。ぜひ劇場で注目して観てみたい。美しくも妖しい情愛が恐怖を生む『怪談』は8月4日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top