「24」のジャックの娘の新作は、誘拐、監禁、拷問ありの『キャプティビティ』

最新ニュース

『キャプティビティ』エリシャ・カスバート ジャパンプレミア舞台挨拶
  • 『キャプティビティ』エリシャ・カスバート ジャパンプレミア舞台挨拶
  • 「原宿に明日も行きたい」と言うエリシャ
  • 「私が砂に埋もれるシーンが見どころです」と、見どころを教えてくれた
大人気ドラマ「24 -TWENTY FOUR」の主人公、ジャック・バウアーの娘・キム役で世界中から爆発的人気を得たエリシャ・カスバートの最新作『キャプティビティ』。9月15日(土)より公開される本作のプロモーションのためにエリシャが8月7日(火)に初来日し、翌日の8日(水)に開催されたジャパンプレミアで舞台挨拶を行った。

「ゲンキデスカ?」と、第一声に日本語で観客に挨拶してくれたエリシャ。初めて訪れた日本の印象について「あまりに楽しくて帰りたくないです」と話し、「今朝、時差ぼけで大変早い時間に起きて、原宿に行きました。8時くらいに行ったので、どこもお店が開いていなくて(笑)。何も買えなくて残念でした。明日時間があるので、また原宿に行きたいと思います」と、どうやら原宿は彼女にとって注目の買い物スポットのようだ。「『24 -TWENTY FOUR』に出演したことで、まさに人生が変わったと言っても過言ではないくらいの体験ができました。本当に多くのことを学びましたし、あの経験がなかったら、『キャプティビティ』のような作品に出ることは出来なかったと思います。大変感謝しています」と、エリシャは「24 -TWENTY FOUR」への出演をふり返る。

「(主人公・ジャックを演じる)キーファー・サザーランドと共演したことは、私にとって非常に大きな意味を持ちました。彼は非常にプロ意識が高く、自分に厳しい方でした。彼の姿勢から、多くのことを学ばせていただきました」と、役柄のみならず俳優としても、彼を父のように慕っている様子が感じられた。

全米公開前からその過激な描写に話題が集まっていた『キャプティビティ』。「演じるのと観るのとでは全然違う作品でした。撮影は楽しく進んだのですが、観てみて『すごいシーンがたくさんあるのね!』って我ながらびっくりしてしまいました」と、エリシャは本作について語る。なんと日本で上映される『キャプティビティ』は、全米で公開されていたエンディングとは違うバージョンとのこと。「日本で公開するバージョンの方が、ローランド・ジョフィ監督が好きな方なの。私はどちらのバージョンも良いと感じますが、俳優としては、色んなエンディングがある作品に出演できたことはとても面白いことです」と作品への思いを語った。

エリシャが「私が砂に埋もれるシーンが見どころ」と言う、誘拐、監禁、拷問ありの密室スリラー『キャプティビティ』は、9月15日(土)よりお台場シネマメディアージュほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top