堀北真希が石田卓也と本物の取っ組み合い! 警官も駆けつけた『東京少年』

最新ニュース

『東京少年』完成披露試写会。左から平野俊一監督、堀北真希、石田卓也、丹羽多聞アンドリウプロデューサー
  • 『東京少年』完成披露試写会。左から平野俊一監督、堀北真希、石田卓也、丹羽多聞アンドリウプロデューサー
  • 少年と少女の二重人格という難役に挑戦した堀北真希
  • 自身を「人見知りしてしまうタイプ」と語る石田卓也。壇上でも照れくさそうな表情を見せた。
自らの中にもう一人、少年の人格を抱えた少女の切ない恋模様を描いた『東京少年』。2月2日(土)に公開を迎える本作の完成披露試写会が1月16日(水)に開催され、主演の堀北真希、石田卓也、平野俊一監督、丹羽多聞アンドリウプロデューサーが上映前の舞台挨拶に登壇した。

二重人格で一方の人格は少年、さらにその少年はもう一人の自分に恋しているというのだから、演じた堀北さんの苦労は並々ならぬものがあったようだ。「男の子を演じるときに、歩き方や話し方を男っぽく見せるのはどうしたらよいか、監督と話しながら作っていきました。男の子と女の子では根本的に考え方が違うんだな、と考えさせられる部分もありました。口でその違いを説明するのはすごく難しいですが…」と語る堀北さん。一日の撮影で2つの人格を演じ分けなくてはならないときもあったそうで「撮影の合間にひたすら気持ちの整理を心がけました」という。苦労のかいあって納得の演技ができたようで「完成した作品を一人のお客さんとして観ることが出来ました。(堀北さん演じる)みなとが鏡に向き合うシーンは特に印象に残っています」と語ってくれた。そんな堀北さんについて丹羽プロデューサーも「僕は堀北真希という女優に、いつも難題を投げかけていじめるのがすごく好きなんですが、彼女はどんな難題も見事にこなしてしまうんですね。今回も非常に難しい役を見事に演じきっています」と絶賛する。

今回初めて劇場映画を手がけた平野監督も「観ていただければわかりますが、とにかく堀北真希が素晴らしい。そしてそれを支える石田卓也が本当に切ない表情を見せてくれます。2人が1+1を3にも4にもしてくれた、と感じています」と2人を称え「美しく、味わいのある作品に仕上がったと思います。かみしめるように鑑賞していただければと思います」と呼びかけた。

みなとが恋に落ちる浪人生のシュウを演じた石田さんは撮影をふり返り「真希ちゃんとの壮絶な取っ組み合いのシーンの撮影は大変でした。監督にはひたすら『もう1回』とだけ言われて、どこを直せばいいのかもわからないままに何度も繰り返しました」と苦労を語った。このシーンに関しては堀北さんも苦労したようで「最初から力の差があるので、(石田さんを)押してもビクともしないんですよ。最初はなかなか息も合わなかったんですけど、お互いかなり本気でやりました。身体をフルに使いながらセリフも言わなくちゃいけなくて大変でした」とふり返った。ちなみにこのシーン、あまりの白熱ぶりに近隣の住民が本当のケンカだと勘違いし、警官が駆けつける騒ぎにまでなったのだとか。堀北さんは石田さんについて「いつも現場で監督に立ち向かっていく姿が印象に残ってます」と言うが、石田さんは「やられっぱなしでした…」と照れくさそう。ともに自身を「人見知りしてしまう性格」と語るだけに現場では少しずつ少しずつ互いの距離を縮めていった様子。先述の激しいシーン、そして初々しさを感じさせる2人のデートシーンなど2人のやりとりに注目したい。「本当に大きな壁がたくさんありましたが、監督や共演の役者さんたちと一緒に乗り越えて、本当に心に残るものになりました」と堀北さんが胸を張る『東京少年』。2月2日(土)より新宿トーアほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top