一皮むけた堀北真希「叶わない恋に奮闘するところを観てほしい」『東京少年』公開

最新ニュース

『東京少年』初日舞台挨拶にて 堀北真希&石田卓也
  • 『東京少年』初日舞台挨拶にて 堀北真希&石田卓也
いつも心の中にいるのに、決して逢うことは出来ない…。もう一人の自分に恋をしてしまう二重人格の少女にまつわる、哀しくも幻想的なラブストーリー『東京少年』。現在放送中の「エジソンの母」や「クロサギ」など数多くの人気TVドラマを手がけてきた平野俊一の初長編映画となった本作が、2月2日(土)に公開初日を迎え、平野監督はじめ、主演の堀北真希、石田卓也、草村礼子、平田満、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウによる初日舞台挨拶が行われた。

本作で、少女と少年という2つの人格を持つという難しい役どころで、本格的なラブストーリーに挑戦した堀北さん。「1年前の自分を見てもらうのは、何だか恥ずかしいです。共演の石田くんとは、2人ともシャイなので、撮影中は不器用な空気が流れてました(笑)」と、少々照れ気味に初日を迎えた気持ちを語った。いまやTVに映画に引っ張りダコな堀北さんだけに、恋についての質問も。しかし、そこはさすが女優の風格を見せつけた堀北さん。「私の中で1番は自分です。私は二重人格ではないけれど、自分を嫌いになったり見失ったりして困るときもあります。手紙を自分に書くこともありますよ」と意外な側面を明かしてくれた。

「初日を迎えられて嬉しいです」と満面の笑みを見せるのは、同日公開を迎えた『リアル鬼ごっこ』など話題作への主演が続く石田さん。本作では、相手の堀北さんとの恋愛模様と同時に、迫真の喧嘩シーンを見せている。「取っ組み合いの喧嘩をするシーンでは、警察が来てしまいました(笑)。すごく真剣に取り組みました。堀北さんは二重人格の切り替えがすごく大変だったと思うけど、そばで見ていて『すごいな』とずっと思ってました」。

そんな2人の数奇な運命を見守るのは、草村さん、平田さんの先輩俳優陣。草村さんが「キレイで不思議でかわいい作品になりました。真希ちゃんは、ほんわかしてかわいらしいと思っていたけど、今回ではそうではない強い一面を見せてくれました」と、堀北さんの演技を称賛すると、平田さんも「真希ちゃんは以前にも共演したことがあったけど、そのときよりずっと大人っぽくなってましたね。石田くんは、普通の青年なんだけど、若い部分とそうでない部分をあわせもっているところがすごく魅力的でした」と若い2人の魅力を聞かせてくれた。「ちょっぴり哀しくて懐かしい気分になれる、美しい夕焼けを見ているような、しみじみとして良い作品です。ぜひ観てください」。

若き2人への絶賛は止まることを知らず、「出演者の方を前にすると撮影中を思い出し、感慨深いです。堀北さんは、以前よりずっと女優という感じがしますね。石田さんは、“みなと”と“ナイト”の間をとるのが大変だったと思うけど、叩けば叩くほど味が出るタイプの俳優さんで、たくさん叩きました(笑)」と語るのは監督。「若い2人の演技とこの作品の世界観を楽しんでください」とアピールした。この言葉に続くように、丹羽多聞氏も「1年前の1月に撮影が終わりまして、世界に類を見ない斬新な企画となりました。堀北さんの、自分に対するラブシーンは今後ないと思うのでその点を観てほしいです」ともう一押しした。先輩陣を唸らせた堀北さんの新境地が見える、究極のラブストーリー『東京少年』は、新宿トーアほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top