『アヒルと鴨』の伊坂幸太郎&中村義洋再タッグ作で伊藤淳史、パンクロッカーに!

最新ニュース

『フィッシュストーリー』順調撮影中(左から)中村監督、伊藤さん、高良さん、渋川さん、大川内さん
  • 『フィッシュストーリー』順調撮影中(左から)中村監督、伊藤さん、高良さん、渋川さん、大川内さん
  • 『フィッシュストーリー』でベースに挑戦 伊藤淳史
  • 『フィッシュストーリー』ライブシーン撮影風景
「死神の精度」、「重力ピエロ」に続き、ベストセラー作家・伊坂幸太郎の中編小説「フィッシュストーリー」(新潮社刊)の映画化が決定! しかもメガホンを取るのは、同じく伊坂作品を原作にロングランヒットを記録した『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋。伊坂氏との待望の再タッグが実現した『フィッシュストーリー』の撮影現場が、6月8日(日)にマスコミに向けて公開され、その後、主演の伊藤淳史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充と中村監督による会見が行われた。

1975年を舞台に、売れないパンクバンド「逆鱗」が放ったある曲が、時空を超えて奇跡を起こすというストーリーが展開される。この日は、70年代のキャバレーで、伊藤さん扮する繁樹(しげき)が率いるバンドのライブシーンが撮影された。高校時代にギターをやっていたという伊藤さんは、今回初めてベースに挑戦したが、「初めて渡されたときは、弦の太さは違うし本数も違うし、これは大変だと思いました。プロの先生について、ゼロからのスタートでした」と言う。およそ2か月に及んだ猛特訓の成果を披露し「この空気の中で、メンバーと一緒に音楽を楽しめるというのが、何より気持ちよかったですね」と満足した様子。

ボーカル・五郎を演じる高良さんは、自身の役を「とてもかわいらしくて、変なやつ」と説明。撮影当初は人前で歌うのに照れを感じたそうだが、「2か月近くずっと練習して、その後みんなで飲みに行ったりして、メンバーとすごく深い仲になったんです。この4人でいると本当に何でも出来るんじゃないかと思うくらい、素敵なメンバーだと思います」とバンドの結束の強さを感じさせた。

実際にバンドでドラムをやっていた経験があるという渋川さんは、ドラムの鉄矢役でバンドを支える。しかし、経験が逆に仇となったようで「自分の癖がついていて、その10年ぐらいの垢みたいなものが取れなくて本当に難しかったです。改めてやれてよかったです」と話した。また、同じくバンド経験者の大川内さんはギターの亮二に扮するが、「普通のバンドみたいにスタジオに入って、雰囲気もいいので、すごく楽しくやらせていただいています」と明かした。

未経験者と経験者が入り交じったこのバンドメンバーをまとめる監督によれば、このキャスティングの第一のポイントは「4人のバランス」だったそう。また「決まってからも、このメンバーに合わせて、設定を変えたりもしています」と撮影が快調な雰囲気をうかがわせた。

『フィッシュストーリー』は2009年、渋谷シネクイントにて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top