「何度やっても監督は『はい、もう1回』ばかり」 藤原竜也、恨み節の『カメレオン』

最新ニュース

『カメレオン』初日舞台挨拶。阪本順治監督、藤原竜也、水川あさみ。
  • 『カメレオン』初日舞台挨拶。阪本順治監督、藤原竜也、水川あさみ。
  • 『カメレオン』初日舞台挨拶にて 藤原竜也。
  • 『カメレオン』初日舞台挨拶にて 水川あさみ。
国家による犯罪の現場を偶然に目撃したことから、一人、また一人と仲間を失っていく伍郎。そして、心を許した女性までもが奪われたとき、彼の中の獣が再び目を覚ました——。30年前に故・松田優作のために執筆された脚本を阪本順治監督が藤原竜也を主演に迎えて映像化した『カメレオン』。本作が7月5日(土)に公開初日を迎え、阪本監督に藤原さん、そしてヒロインを演じた水川あさみが舞台挨拶に登壇した。

藤原さんは、ついに初日を迎え「この先への期待と不安が入り交じって緊張していますが、みなさんと一緒にこの作品を盛り上げていきたいです」と満員の観客席に向けて挨拶した。伍郎という役柄について、藤原さんは「本当に難しい役で、最初は8〜9割くらい不安とほんの少しの自信と緊張、という状態でした。現場で何度もコミュニケーションを取りながら1カットずつ撮影していきました。何度やっても監督には『はい、もう1回』、『はい、もう1回』とばかり言われていましたが(笑)」と演じる上での難しさを語ってくれた。今回は激しいアクションも披露しているが「大変でしたが、自分の肉体を使って表現することが出来てよかったと思います。非常に恵まれた環境でしたし、信用してくださった阪本監督に感謝しています」と語った藤原さん。さらに、初共演となった水川さんについても「水川さんが、全てをさらけ出してくださったことで、伍郎という役を“解剖”してくれたと思います」と語り、感謝の気持ちを口にした。

阪本監督は、満員の観客席と大歓声に驚いた様子。「普段、僕が監督した映画で女性の観客が圧倒的多数を占めるということは滅多になくて、大抵は友達のいない人ばかりが来ていることが多いんで(笑)、今日はとても新鮮です」とおどけながらもうれしそうな表情を見せた。映画について監督は「30年前の脚本ですが、シンプルでとても薄いものでした。だからこそ現場での自分の手腕が問われると思っていました」と撮影に当たっての並々ならぬ覚悟をうかがわせた。

水川さんは「無事、初日を迎えて本当に嬉しく思っています。みなさん一人ずつに感想を聞きたいぐらいの気持ちです」と初日を迎えた胸の内を語った。藤原さんとの共演について聞かれた水川さんは「藤原さんは本当にストイックで、圧倒的な集中力で現場に臨まれてましたね。舞台の経験が多いので、演技の引き出しをいっぱい持っていて、それを間近で見せてもらえたのは刺激的な体験でした」と手放しで大絶賛。さらに自身の演技について「監督からの要求に対して『どうしようか?』と悩むことはありませんでした。こんなふうに、全て自分の中で消化できていて、気持ちが作れたということは初めてでした」とふり返った。

本作の続編の可能性について、阪本監督は「『相棒』くらいヒットしてくれればそういう話も出てくるかもしれませんね。でも、そのときは、おそらくキャストはそのままで監督は代わってしまうんじゃないでしょうか(笑)」と自虐的なコメントで会場の笑いを誘った。そして最後に、藤原さんが観客に向けて「僕らの仕事は、みなさんの存在なくしては成立しません。本日はこうして劇場に足を運んでくださり、本当にありがとうございました。また、みなさんに新しい感動、魅力的な映画を届けたいと思っております!」と語りかけ、大歓声と拍手を浴びて舞台挨拶は幕を閉じた。

『カメレオン』は全国東映系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top