持田&田島の熱唱に騒然! 綾瀬はるかは中学男子の進化系“おっぱい”攻撃にも堂々

最新ニュース

『おっぱいバレー』完成披露試写会。(左から)田島貴男、持田香織、綾瀬はるか、青木崇高、羽住英一郎監督
  • 『おっぱいバレー』完成披露試写会。(左から)田島貴男、持田香織、綾瀬はるか、青木崇高、羽住英一郎監督
  • “おっぱい”連発にも堂々
  • 「先生」という言葉に力を込めて熱唱!
  • Caocaoの生歌に感動
  • サプライズでのCaocao登場に会場は騒然
  • 白いシャツの“先生ルック(?)”で登場
  • 青木崇高も“おっぱい”連発
  • ELTとはまた違った魅力で観客を魅了!
試合に勝ったら、先生のおっぱいを見せてください——。そんなありえない約束を交わしてしまった新任教師の困惑と、おっぱいを見るべく練習に励む生徒たちの奮闘ぶりを描いた、これまでにない青春ムービー『おっぱいバレー』。4月18日(土)の公開を前に本作の完成披露試写会が都内で行われた。上映前の舞台挨拶には主演の綾瀬はるか、青木崇高、羽住英一郎監督が登壇。さらに、スペシャルゲストとして主題歌「個人授業」を歌うCaocao(持田香織&田島貴男)も登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

幕が上がり、壇上の暗闇の奥に立っていたのは、本作のために限定ユニットCaocaoを結成した持田さんと田島さん。事前に知らされていなかった客席は騒然、「個人授業」の演奏が始まると、歓声と拍手を贈った。2人の熱唱の興奮さめやらぬままに、続いて綾瀬さん、青木さん、監督の3人も登場。綾瀬さんはまもなく公開を迎えるに当たり「嬉しいです。早く多くの方に観ていただきたいと思う次第であります」と笑顔で語った。セリフとして“おっぱい”という単語が飛び交う本作。綾瀬さんによると、生徒役の子供たちが“おっぱい”と言うのを恥ずかしがらないように、ある秘策が実行された。「監督が決めたルールで、現場での挨拶は全員、『おはよう、おっぱい!』、『おつかれ、おっぱい!』という風に全て“おっぱい”を付けて言うようにしていました」。「子供たちは、最初は遠慮して『おはようおっぱいっす』と一応、敬語だったんですか、だんだん調子に乗ってきて略して『おっぱーい!』って(笑)」(羽住監督)、「進化させて『おっぱいようございます!』とか『クロスおっぱい!』とかいろいろと…(笑)」(青木さん)などなど、“おっぱい”にまつわる現場のエピソードの数々に会場は笑いに包まれた。

綾瀬さんは「現場に変な一体感が生まれましたね。一線を越えると絆が生まれてきました」と、“おっぱい”効果を強調したが、青木さん曰く「現場では良かったんですが、撮影後、東京に戻ってから危なかったですね。おもわず『おっぱい』って出そうで…」。

「盛りだくさんの映画です。“青春”という言葉が良く似合います。もし、自分も男子だったら、こんなに楽しいのかと感じました」と持田さんも映画を絶賛。主題歌「個人授業」については「以前からファンだった田島さんにお願いしたら引き受けてくださって、いい感じで歌えることが楽しいです。田島さんが『“せんせーい”って気持ちで歌うんだよ!』と指導してくださり(笑)、はるかちゃんを思い浮かべて歌いました」と語った。

田島さんは映画について「『せんせーい!』ですね(笑)。僕はこの中学生たちと同じ世代で、感情移入して気持ちを込めて作りました。綾瀬さんの演じた美香子先生が、僕の中学生のときにいらしたら、幻想がものすごいことになってたと思います(笑)。僕が音楽に出会ったのも中学生のときでしたが、その頃のことを思い出しました」と感慨深げに語った。

「タイトルが気になる男のひとはもちろんですが、迷いながら生徒を指導する23歳の女性教師を等身大で演じたので、女性の方にもぜひ観てほしいです」と綾瀬さんが自信を持って語る『おっぱいバレー』。4月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top