国内賞レースも本格化 『ヴィヨンの妻』『沈まぬ太陽』など日本アカデミー賞最多受賞

最新ニュース

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 -(C) 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本衛星放送
  • 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 -(C) 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本衛星放送
第33回日本アカデミー賞の優秀賞ならびに新人俳優賞がこのたび発表され、『ゼロの焦点』、『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』、『沈まぬ太陽』が1位タイの12部門で優秀賞を受賞した。

優秀作品賞に選出されたのは、『沈まぬ太陽』『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』『ゼロの焦点』『劔岳 点の記』、そして『ディア・ドクター』の5本。『沈まぬ太陽』は先日発表された報知映画賞でも作品賞(邦画部門)を獲得したが、これに続き日本アカデミー賞でも最優秀作品賞受賞なるか? 

一方、本年度モントリオール世界映画祭で見事、監督賞(根岸吉太郎監督)を受賞した『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』は国内の賞レースも制するか? 監督賞を始め、放蕩夫とそれを支えるしっかり者の妻という夫婦役で息の合った演技を見せた浅野忠信&松たか子はそれぞれ主演男優賞と主演女優賞に選ばれた。浅野さんは大ヒットを博した『劔岳 点の記』でも同賞受賞と、ダブル受賞を果たしている。

多様な作品ジャンルからの選出が目を引くのは、主演女優賞の顔ぶれ。先述の松さんほか、綾瀬はるか(『おっぱいバレー』)、宮崎あおい(『少年メリケンサック』)とコメディエンヌとしての才覚を見せた二人に、『ゼロの焦点』で中谷美紀×木村多江と女優魂をぶつけ合った広末涼子が受賞。さらに、韓国からも、是枝裕和監督からのラブコールで“空気人形”を演じ各方面で高い評価を受けたペ・ドゥナ(『空気人形』)が名を連ねている。

外国作品賞には、『スラムドッグ$ミリオネア』『チェンジリング』『レスラー』と2009年度アカデミー賞を賑わせた名作が並ぶほか、クリント・イーストウッドが俳優引退を宣言した『グラン・トリノ』、さらに昨年公開した前編に続き大ヒットを記録した『レッドクリフ PartII−未来への最終決戦−』が選出された。

そして、今年最も活躍した若手俳優たちに贈られる新人俳優賞には、映画・TVドラマへの出演が途切れることなく続く岡田将生(『ホノカアボーイ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『重力ピエロ』)、水嶋ヒロ(『ドロップ』)、溝端淳平(『赤い糸』)に加え、音楽界から彗星のごとく俳優デビューした渡辺大知(『色即ぜねれいしょん』)。女性陣では、榮倉奈々(『余命1ヶ月の花嫁』)、志田未来(『誰も守ってくれない』)、平愛梨(『20世紀少年』)が受賞を果たした。

各賞の最優秀賞は来年3月5日(金)にて発表される。

主要各賞の受賞作、受賞者は以下の通り。

【優秀作品賞】
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
『沈まぬ太陽』
『ゼロの焦点』
『劔岳 点の記』
『ディア・ドクター』

【優秀監督賞】
犬童一心(『ゼロの焦点』
木村大作(『劔岳 点の記』
根岸吉太郎(『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
西川美和(『ディア・ドクター』
若松節朗(『沈まぬ太陽』

【優秀主演男優賞】
浅野忠信(『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
浅野忠信(『劔岳 点の記』
大森南朋(『ハゲタカ』
笑福亭鶴瓶(『ディア・ドクター』
渡辺謙(『沈まぬ太陽』

【優秀主演女優賞】
綾瀬はるか(『おっぱいバレー』
広末涼子(『ゼロの焦点』
ペ・ドゥナ(『空気人形』
松たか子(『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
宮崎あおい(『少年メリケンサック』

【優秀助演男優賞】
瑛太(『ディア・ドクター』
香川照之(『劔岳 点の記』
堺雅人(『ジェネラル・ルージュの凱旋』
玉山鉄二(『ハゲタカ』
三浦友和(『沈まぬ太陽』

【優秀助演女優賞】
木村多江(『ゼロの焦点』
鈴木京香(『沈まぬ太陽』
中谷美紀(『ゼロの焦点』
室井滋(『劔岳 点の記』
余貴美子(『ディア・ドクター』

【優秀アニメーション作品賞】
『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』
『サマーウォーズ』
『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』
『ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜』
『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』

【優秀外国作品賞】
『グラン・トリノ』
『スラムドッグ$ミリオネア』
『チェンジリング』
『レスラー』
『レッドクリフ PartII−未来への最終決戦−』

【新人俳優賞】
岡田将生(『ホノカアボーイ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『重力ピエロ』
水嶋ヒロ(『ドロップ』
溝端淳平(『赤い糸』
渡辺大知(『色即ぜねれいしょん』
榮倉奈々(『余命1ヶ月の花嫁』
志田未来(『誰も守ってくれない』
平愛梨(『20世紀少年<第2章> 最後の希望』『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top