アンジーに並ぶ“ハードボイルド女性”誕生? 米倉涼子主演「交渉人」が映画化

最新ニュース

『交渉人』
  • 『交渉人』
  • 『交渉人』
潔い“肉食系女子”の魅力を放つ米倉涼子が、体当たりの演技でクールな女刑事役に初挑戦し、話題をさらったドラマ「交渉人」。テレビ朝日系にて昨年の1月から全8話で放送され、最高視聴率16.7%を記録、今年2月に放送されたスペシャルドラマも17.1%という高視聴率をたたき出した本作が、このたび映画化されることが明らかとなった。

現場の最前線で身体を張って犯人と粘り強い交渉を行い、命懸けの任務を遂行する特殊チーム“SIT(=Special Investigation Team)”。米倉さんが演じるのは、男性中心の社会で孤軍奮闘する女性交渉人、宇佐木玲子だ。立てこもり犯や爆弾魔などの難事件を、極限の状況下で解決していく、息をもつかせぬストーリー展開が人気を呼んだのに加え、ファッションリーダーとしても女性からの支持が高い米倉さんだけに、劇中の衣裳についても同局への問い合わせが殺到。これを受け、同局の携帯サイトにて、様々な衣裳を着用した米倉さんの写真を中心とした待受け画像などのコンテンツがアップされるや、40万を超えるダウンロードを記録するという現象を巻き起こした。

劇場版では、スケールを拡大し、高度10,000mを飛ぶ、数百人を乗せたジェット機が舞台に。米倉さん扮する宇佐木が、空港で偶然出会った不審な青年を追い、無理矢理乗り込んだ飛行機がハイジャックに遭うという事件を軸に、凶悪犯との熾烈な闘いを描く。ドラマ版に引き続き、メガホンを取るのは、米倉さんの当たり役となった「黒革の手帖」、「けものみち」、「わるいやつら」の“松本清張三部作”でチーフディレクターを務めた松田秀知。実物に限りなく近いジェット機セットを用意し、8月上旬よりクランクインする。

今年で女優生活10年の節目の年を迎えた米倉さんだが、映画化の話を受け、「ドラマから生まれた『交渉人』が、映画になるなんて夢のようです。芸能活動10年という節目の年に、思い入れのある宇佐木玲子役で映画に挑戦できることを嬉しく思っております。ここからが本当のスタート。よりパワーアップして、ドラマとはまた違った魅力をお届けできるようチーム一丸となってがんばりますので楽しみにして下さい」と意気込みを語った。男性陣に負けないたくましさと抜群のプロポーションでもって、アンジェリーナ・ジョリーやジョディ・フォスターといった名だたるハリウッド女優と並び、新たな“ハードボイルドな女性”の代名詞となるのか? 今後の活躍に注目だ。

『交渉人』は2010年2月公開。

《photo:テレビ朝日「交渉人」より》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top