『台北に舞う雪』チェン・ボーリン インタビュー「“過去”の自分を発見した映画」

最新ニュース

『台北に舞う雪』 チェン・ボーリン
  • 『台北に舞う雪』 チェン・ボーリン
  • 『台北に舞う雪』 チェン・ボーリン
  • 『台北に舞う雪』 チェン・ボーリン
8年前、高校生の淡い初恋を描いた『藍色夏恋』で鮮烈なデビューを飾って以来、国境を越えてここ日本でも『暗いところで待ち合わせ』や『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』など数々の作品に出演し、その人懐っこい魅力で幅広い人気を集めるチェン・ボーリン。日本では4年ぶりの最新主演作となる、中・日・香港・台湾の合作映画『台北に舞う雪』を引っさげ来日した彼に、話を聞いた。

本作のメガホンを取るのは、『山の郵便配達』、『故郷の香り』など、情緒あふれる中国の景色を繊細に描いてきた中国の名匠フォ・ジェンチイ。本作で、どこかファンタジーの空気漂う、台湾の美しい渓谷の町、青桐(チントン)を舞台に選び、ここで出会う男女の儚い恋愛を描きあげた。その中でチェン・ボーリンが演じるのは、この町で生き別れとなった母親をずっと待ちながら、町中の雑用に明け暮れる青年・モウ。心優しき彼のことを「若い頃の監督の姿では?」と話すが、自身はどのようなイメージのもとで演じたのか?
「いまの若い人は、男の子でもおしゃれに気を遣ったり髪の毛を気にしたりするのが普通ですが、今回演じたモウは髪型も着るものもこだわらないような、シンプルで素朴な青年。『飾らない姿を出してほしい』と監督に言われました。監督は、ありのままの僕の姿を捉えようとしていたんだと思います。(モウと違って)僕はいろんな場所へ行ったことがありますが、何に対しても好奇心を抱くというのは忘れていないので、そういう自分の中にあるものを出していければと思いました」。

今回初タッグとなったフォ監督も、彼の中に内在する「大人になっても変わらない、ピュアな輝き」に惹き込まれたひとり。『藍色夏恋』に見たような初々しさを感じた、そう伝えると、「あれから8年も経っているので、そういう面を見てもらえたのは嬉しいですね(笑)」と本人は照れくさそうだが、彼にとっても、本作は過去の自分と向き合う作品となったようだ。
「作品を撮るごとにいつも発見があるのですが、今回は“過去”の自分を発見しました。いま、自分は成長してきて変わったと思うのですが、過去の作品で映っている自分がいるような、新しい感覚でした。誰しもが、何かから逃避したいという気持ちを抱えていると思うのですが、それでも勇気をもって自分が必要とするものを自分で探さなければいけないという気持ち、原点のようなものを思い出しました」。

どこか現実から目をそらしながら忙しく日々を過ごすモウだが、心に傷を抱えた歌手のメイとの出会いで、彼の心に静かな変化が——。やがて想いが重なりあう2人だが、メイの快復と同時に別れの日が訪れる。もし、自身が同じような状況に置かれたら…?
「自分の好きな女性だったとしても、その人がしたいと思うことを優先してほしいと思います。僕も同じような立場に置かれたら、それをわざわざ引き止めるようなことはしないですね」。

これまで、置かれている環境の違いはあれど、等身大の青年を演じることの多かったチェン・ボーリン。本作で“原点”に立ち返ったという彼が今後、どのような変化を見せていくのか。最後に、今後の俳優としてのプランを聞いてみた。
「特定の監督や俳優さんと一緒に仕事をしたいという気持ちはないのですが、いい作品やいい台本と出会えたら、どんな役柄でも何でも挑戦していきたいです。ちょうどいま、四川を舞台にした映画を撮影しているのですが、貧しい層で暮らしている若者を演じています。4人の登場人物の中で物語が展開していく、ちょっとシリアスなドラマです。かなりおすすめな作品になっているので楽しみにしていてください」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top