ヒュー・グラント、ご機嫌記者会見! “浮気は文化”に英国流の反論

最新ニュース

ヒュー・グラント、『噂のモーガン夫妻』引っさげ来日
  • ヒュー・グラント、『噂のモーガン夫妻』引っさげ来日
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
  • 『噂のモーガン夫妻』 ヒュー・グラント
イギリス人俳優ヒュー・グラントが、サラ・ジェシカ・パーカーと共演したロマンティック・コメディ『噂のモーガン夫妻』を携えて来日。3月1日(月)に記者会見に出席し、常にジョークを交えた軽妙なトークで会場を沸かせた。

“ラブコメの帝王”として、日本の女性ファンの熱烈な支持を集めるヒュー。自身も、日本のファンの存在の大きさについては常々感じているようで「日本の女性は常に僕と僕の出演作に対して優しいよね。(本国イギリスで)誰も僕に優しくない頃からね(笑)。1987年の『モーリス』(ジェームズ・アイヴォリー監督)なんて誰も見向きはしなかったけど、日本だけは例外で、ロンドンで売れない俳優稼業に精を出してる僕の元に、手紙が何百通と届いたんだ」と明かした。

本作のマーク・ローレンス監督とは3度目のコラボレーション。監督とはどんなところでウマが合うのか尋ねると「まず第一に、僕を笑わせてくれるんだ。第二に僕の面倒をしっかりと見てくれる。僕は結構ナーバスになりやすい部分があるんだけど、居心地良くいさせてくれるんだ。そして第三に、2人とも世界観が暗いところ。このての作品を作っているので意外かもしれないけど、2人とも“死”とかそういうものに執着しているところがあって、彼は夜中に『僕はもう死ぬかも…』とか電話して来るんだよ」とケロリとした様子で語ってくれた。

ではサラ・ジェシカとの共演の感想は? 「(質問者に)彼女に会ったことある? 多分気に入るよ! 僕自身、俳優という人種は好きじゃないんだけど、彼女は俳優らしくなくて、人間らしいんだ。あっちこっちに忙しく動き回るタイプで、この作品に出演する傍ら、『セックス・アンド・ザ・シティ2』のプロデュースも手がけてるし、家族の面倒も見て、実は秘密裡に双子を出産していて(笑)、その上、ずっとブラックベリー(※アメリカで普及している携帯端末)をいじってる。多分、演技中もカメラに映らないところでブラックベリーをいじってたんじゃないかと思うよ」。

たった一度の浮気をきっかけに夫婦に危機が訪れ、そこから夫婦がとある事件に巻き込まれていくという本作。ある記者が、「日本には『浮気は文化』と言ったタレント(※石田純一さん)がいますが、あなたの見解は?」と尋ねると、ヒューは「実に興味深いね」とニヤリ。「日本に着いてまだ半日だけど、質問の大半は浮気について。『何でなの?』って聞いたら(配給の)ソニーの人間も『文化だから』って言ってたよ。イギリスは違うな。イギリスでは男は、ほかの女性とのセックスよりも“犬”に興味を持つんだ。僕自身? メスの犬は大好きだよ!」とブラックジョークで返し、会場を沸かせた。

では少し真面目に仕事の話を。今後、一緒に仕事してみたい監督は? また、もし俳優業以外に手を出すなら? と尋ねると「マイク・リーやクリストファー・ゲストといった即興で作るのが好きな監督と仕事がしたいね。というのは、あまりあれこれと細かく決められると、緊張してしまうタイプだから。それから、俳優業以外では本を執筆してるんだ。4年前からね…。まだ80ページだからこれを完成させないと。ジャンルはポルノさ! 嘘だよ(笑)、説明が難しいけどまあ小説だね」とのこと。

最後に浮気についてもう一問。浮気がバレたときのヒューなりの解決法は? という質問には「僕の経験では…(苦笑)、バレれば当然ケンカになるし、仲直りしたってどこかでストレスや嫌な思いが残るもの。まずは不正を働かないことだね、致命的になるから」とポツリ。さらに、女性とのケンカについて言及し「僕は怒ってる女性が怖ろしいんだ。暴力も苦手だしね。いろいろ殴られた経験はあるよ。僕が受賞したBAFTA(英国アカデミー賞)のトロフィーで叩かれたこともね(苦笑)」と語り、再び会場は笑いに包まれた。
英語で質問した記者に「あなたのアクセントはどこのもの?」と尋ねたり、映画誌「スクリーン」の記者に対し「『スクリーン』? それとも『スクリーム』? どっち? その違い次第で僕の(質問への)答えが変わるから」と語ったり、終始ゴキゲンな様子のヒューに、女性が目立った報道陣もメロメロの様子だった。

『噂のモーガン夫妻』は3月12日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top