鈴木京香 学者タイプの男性はOK 水川あさみはNG?

最新ニュース

「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「パンドラII 飢餓列島」制作会見 photo:Yoko Saito
女優の鈴木京香、水川あさみが3月17日(水)、東京・コンラッド東京で行われたWOWOWの最新連続ドラマとなるドラマW「パンドラII 飢餓列島」の制作会見で、学者タイプの男性の印象を語り合った。

食糧危機が訪れた現代の日本を舞台に、通常の4倍のスピードで成長する驚異の穀物・ゴッドコーンの開発に成功した農学者・鈴木護(佐藤浩市)が、その利権をめぐる企業や政府の争いに巻き込まれるヒューマンサスペンス。佐藤さんとW主演の鈴木さんはある事件の捜査で護と知り合うことになる警視庁捜査一課の女性刑事役、共演の水川さんは企業の秘書役。脚本を人気脚本家の井上由美子がオリジナルで書き下ろし、監督を河毛俊作が務める。

佐藤さんは「脆弱なプライドに支えられているんだな、というところは似ているというか共感すべきかと思います。護は過去の体験から培ったものから生まれる正義感、理想を持って邁進してきた。周りに関係なく生きてこられたのはプライドがあったからこそなわけですが、企業や政府に揺さぶられると変わってしまう。その脆弱さは分かる気がしますね」と役柄にしみじみ共感。

一方、佐藤さん演じる護のような、ひとつの物事に没頭するタイプの男性をどう思う? との質問に、鈴木さんは「私自身はこういう男の人、ステキと常々思っています。1つのことに集中して、周りが見えないのはよくないかもしれませんが、没頭の仕方、熱の入れ方が垣間見えるとステキだなって思います」とストライクゾーン(?)の様子。

対照的に、水川さんは「護のような男性は手を差しのべたくなる。浩市さんが、子犬が雨に濡れて鳴いているような芝居をされているので、思わず守ってあげたくなりますが、それは浩市さんが演じているからそう思うのかな? と。何かに没頭するのもその人自身、エネルギーが要りますけど、いろんなことに分散してくれる人の方が…」とNGサイン。司会者からエネルギーを上手く分散する人の方がいい? と確認され「そうですね。上手に分けてくださる方が…」と即答し、佐藤さんをはじめ、共演の勝村政信、山本耕史、宅麻伸ら男性キャスト陣を苦笑させていた。

「パンドラII 飢餓列島」は4月18日(日)よりWOWOWにて放送開始。



ドラマW「パンドラII 飢餓列島」
4月18日(日)放送開始(全7話) 毎週日曜日22:00〜
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/pandora2/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top