成海璃子、体調不良をおして書道パフォーマンス披露

最新ニュース

『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
  • 『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』 書道パフォーマンスイベント photo:Yoko Saito
映画『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』(猪股隆一監督)の公開記念イベントが4月27日(火)、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で行われ、主演の成海璃子ら若手女優5人と、同作の主題歌「大切」を歌う3人組ヒップホップユニット、ファンキーモンキーベイビーズが、書道パフォーマンスを生披露した。

同作は、愛媛県の女子高生たちが、町興しのために書道のイベント「書道パフォーマンス甲子園」を立ち上げた実話の映画化。書道パフォーマンスとは、縦4メートル横6メートルの紙の上で、大筆を持ち音楽に合わせ、踊ったり跳ねたりなどしながら書を書き上げる“演技”をする団体競技。成海さんらはクランクイン前、撮影中と延べ約2か月間、猛特訓を重ね、劇中では吹き替えなしの見事な書道パフォーマンスを披露している。

イベントには、成海さんのほか桜庭ななみ、山下リオ、高畑充希、小島藤子が劇中そのままの袴姿に裸足で登場。ファンキーモンキーベイビーズの生歌に合わせて、縦4メートル、横6メートルの紙の上を駆け回り、「絆」などの字を書き上げる圧巻のパフォーマンスを披露。成海さんは5人のうち唯一、長さが自身の身長ほどあり墨汁に浸すと重さ約20キロの大筆を抱えて駆け回る、渾身の“演技”を見せ、観客から大歓声を浴びた。

パフォーマンスを終え、成海さんは「ナマでやるのはまた違った感じ。いままでで一番緊張しました」。山下さんも「一心不乱でした」とホッとしたような表情。対照的に桜庭さんは「スカッとしました」。高畑さんも「生歌を聴きながら、なんて、そうそうできる経験じゃない。楽しみました。清々しい気分です」と充実感いっぱいの笑顔を弾けさせた。

一方この日、成海さんは明け方から体調不良を訴えていたそうだが、退場時、体調は? と聞かれ「大丈夫です」と笑顔で答えるプロ根性を見せた。その後、近くの劇場で行われた舞台挨拶にも出席。「撮影期間中、毎日毎日練習して本当に書道部でした。吹き替えなしです。何かを感じてもらえたら」と仕上がりに自信を見せた。

『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』は5月15日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top