謎かけ漫才コンビWコロン エリカ離婚騒動で即興謎かけ

最新ニュース

『運命のボタン』試写会 photo:Yoko Saito
  • 『運命のボタン』試写会 photo:Yoko Saito
  • 『運命のボタン』試写会 photo:Yoko Saito
  • 『運命のボタン』試写会 photo:Yoko Saito
ブレイク中の“謎かけ”漫才コンビ、Wコロンが4月28日(水)、東京・スペースFS汐留で行われた映画『運命のボタン』のイベント試写会で、離婚騒動の渦中にいる沢尻エリカをお題にした即興謎かけに挑んだ。

本作は平凡な夫婦が、ボタンを押せば1億円を手にできる代わりに見知らぬ誰かが死ぬ、という謎めいた選択に翻弄される姿を描くサスペンス。 “謎”つながりで来場した2人は、映画に絡んだ単語をお題に、次々と即興謎かけを披露。イベント後、取材陣から沢尻エリカで、とリクエストされると、ねづっちは数秒で「整いました! 沢尻エリカとかけて、会議中に携帯電話が鳴った、と解く」。木曽さんちゅうが「その心は?」と合いの手を入れると「“せき”を外すかどうか悩みます」。27日(火)に、自身の公式ホームページで夫の高城剛氏と離婚する意思を表明した沢尻さんの現状とは若干ズレた感のあるオチながら、取材陣から拍手を送られた。

この日、披露した即興謎かけは、ほかに「運命とかけて、オリンピック4位と解きます」(ねづっち)、「その心は?」(木曽さんちゅう)、「どう(銅)にもなりません」など。一方で、同じ漫才協会に所属し公私で親しいお笑いコンビ、ナイツのブレイクぶりに、木曽さんちゅうは「羨ましいかぎり」。ねづっちは年齢が下で“後輩”にあたるナイツの土屋(伸之)とよく飲みに行くといい「会計時、あいつは『ごちそうさまです』って言うためにすぐ外に出て待っている。あんなに売れているのに。この世界の先輩が後輩におごるってしきたり、何とかなりませんかね?」とボヤキ節。木曽は「俺は、ナイツの塙(宣之)とよく飲みに行くけど、アイコンタクトで『割り勘ね』ってやりますよ」と相方にアドバイスしていた。

『運命のボタン』は5月8日(土)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top