哀川翔の“ゼブラーマン壮絶記録集” ギネス申請

最新ニュース

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
哀川翔が、映画『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』で挑んだ「世界最年長マスクマンで、全て実演」などの数々の“偉業”がギネス申請されることになり5月1日(土)、東京・丸の内TOEI1で行われた同作の初日舞台挨拶で配給元の東映より発表された。

加えて、「200時間以上のワイヤーアクション」、「撮影開始から190日間、約100日・約1,000時間の宣伝活動」、「全国30か所を縦断し同作をPR」、「受けた取材約300媒体」、「舞台挨拶などで約30,000人にPR」の5つの“功績”も含めた世界記録として、同日、英国のギネス・ワールド・レコード社に申請した。3〜4か月後に認定される見込み。

哀川さんの世界記録を全て記した巨大ボードが登場し、MCが「これをギネスに申請することになりました」と発表した瞬間、哀川さんは「ええっー!?」と目をパチパチ。三池崇史監督も「げっ!」とビックリ仰天だったが、「Vシネの帝王だった翔さんと新人監督として出会い、翔さんが出ていれば何をやってもいい。売れるから。僕はそんな小さな自由を得た。いま、こうして翔さんは次の世代を作っているし、(三池組の)スタッフも翔さんとの仕事を楽しみにしています。本当に感謝しています」と敬意を表した。翔さんは「50(歳)ちょっと前ですが、まだまだ走り続けますんで。次回作は(本作の舞台となった)2025年ですね」と続編製作に意気込み。観客を喜ばせた。

一方、アクション初挑戦に過激衣裳3変化、劇中の悪役ヒロイン、ゼブラクィーンとして歌手デビューまでするなどの大活躍で本作を盛り上げた仲里依沙に、三池監督が花束を贈呈。「これまで感じたことのないドキドキする可能性を感じた。女優の概念を変える人になっていくんだろうな、と」と太鼓判を押しつつ「あとヘンな男でドロップアウトしないように。どんなに疲れていても会見の場で『別に…』とか言わないように」と女優、沢尻エリカを引き合いに女優人生へのアドバイス。仲さんは「そんなこと言いませんよ〜」と笑顔で答えた。哀川さんも「最強の女、ステキな敵が現れた。宙づりなどの撮影から泣きごとひとつ言わないで今日まで来た。サイコーです、有難う」と労いの言葉を送った。

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top