“番長”清原、監督就任の夢語る「修業を続けていきたい」

最新ニュース

『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
  • 『ザ・ウォーカー』宣伝部長就任会見 photo:Yoko Saito
野球評論家の清原和博氏が5月19日(水)、都内スタジオで、PRを務める映画『ザ・ウォーカー』のTVスポットCM収録と“宣伝番長”就任会見に臨んだ。

世界の行く末を左右する本を守りながら30年間、旅を続ける謎の男、ウォーカー(デンゼル・ワシントン)の戦いを描く近未来アクション。主人公の生きざまに、「どこで終わるか見えないゴールに向かい、使命感を持って戦い続ける。僕も最初は夢で途中からウォーカーと同じ使命感で、最後はバットをどこに置くか、同じような心境だった。約30年の自分の野球人生に重なるところが多い」とビリビリしびれた様子。

劇中、ウォーカーは独裁者と壮絶な戦いを繰り広げるが、「名前は言えないけど僕も独裁者のような監督と出会いました。参院選でしたっけ? まあ、ここ流してくれていいけど。感じ悪い人で僕も戦いましたね」と今年7月の参院選に自民党の比例代表候補として立候補することを表明した巨人前監督の堀内恒夫氏を猛“口撃”した。

同CM収録では、ウォーカーと似たコートを羽織って剣を振り上げて「男なら観ろや」などのPR台詞をキメて、自己採点は「100点」と笑顔。俳優業進出の意気込みを聞かれ、「考えたことがないですね」とあっさりしていたが、監督は? の問いに「野球選手だったのでそういう夢は持ってます。12球団ですから12人しか選ばれない。勉強しないといけないのでこれからも修業を続けたい」と熱い眼差し。どこの監督に? と突っ込まれると、「どこでしょうねぇ」と頬を緩めた。

映画のPRにひと役買うのは初めて。テレビ局各局のレポーターのマイクと音声を拾うガンマイク約20本を向けられての囲み取材に、「いまの状態に一番戸惑っています。野球選手、こういうのないんで。あんまり得意じゃないなぁ。これ、怖いですよね。CM撮影より緊張する」と意外な弱みを見せ、取材陣の笑いを誘うひと幕も。一方、プロ野球・阪神の金本知憲選手が右肩故障を理由にスタメン落ちを自ら申し出てから、ちょうど1か月ぶりの18日にスタメン復帰したことを、祝福。「現在、世界を変える人は、金本選手。1試合出られることには、20歳の選手が1年分出るくらいの価値がある。勇気づけられます」と敬意を表した。同CMは6月5日(土)からオンエア予定。

『ザ・ウォーカー』は6月19日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top