高良健吾インタビュー 「格好つけた台詞も、普通に向き合いたい」

最新ニュース

『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
  • 『おにいちゃんのハナビ』 高良健吾 photo:Toru Hiraiwa
今年だけでも出演作が6本。いま最も活躍する実力派俳優の一人、高良健吾。高良さんの言葉からは“演技しない演技派”とも言える、自然体で役へ真っ直ぐ向きあう姿勢が浮かび上がります。

——ストーリーに関して、どのような印象を持たれましたか?

「最初、本当に大まかな物語の流れだけを聞いたときは『何だかケータイ小説みたいだなあ…』と思いました。でも、その後台本を読んだら僕の印象とは全然違い、『とてもいい話だな』と思えましたね」。

——太郎は共感する役でしたか?

「共感できる部分は多かったですね。育ってきた環境が僕自身と似ていましたから。僕も転勤族の家庭だったので、転校だらけで引きこもりになる気持ちがよく理解できたんです。引きこもる時間の長さは太郎と違いますが、引きこもりになりそうなこともありましたし、気持ちは分かります」。

——演じやすい役ではありましたか?

「そこが複雑なところで、共感できるからと言って演じやすいわけではないんです。今回の場合は、現場に入る前にいろいろと難しく考えてしまうことがありました。それは主演という立場に向き合ったり、台本を字だけで捉えた段階での問題なんですけど。台本の台詞を追ったとき、『ん? この台詞はちゃんと言えるかな?』って。でも、いったん現場に入ってしまえばやることはいつもと変わらなかったですし、自分の前に(妹役の)谷村美月ちゃんや(両親役の)宮崎美子さんや大杉漣さんがいれば役者さんの反応等で、違和感なく言えてしまう台詞もたくさんありました。『やっぱり現場だよなあ』と思いましたね」。

——「ん?」と思った台詞とは?

「(太郎が)格好つけて言っている台詞が結構あるので。でも、『ここはいいシーンになりそうだな』とか、『ここはポイントだな』と思うところに僕は感情を乗せたくないというか、『このシーン、いいでしょ? ここはポイントだよ』という気持ちで台詞を言いたくないんですよね」。

——それは他の作品においても?

「ええ、常に。普通に台詞と向き合って言うようにしています」。

——谷村美月さんとは本当の兄妹のようでした。

「観客の目にどう映るのかって、僕は意識したことが全くないんです。僕の役目は、例えば美月ちゃんに向けて何かを100%伝えること。それがカメラを通って監督のOKに至ったら、僕が何か伝えようと意識しなくても、お客さんには十分伝わると信じていたいし、そう考えています。『お客さんに何かを伝えなきゃ!』と思うのは撮影中ではなく、こういった宣伝活動からでいいかなって」。

——結果は考えない?

「いや、考えてしまう時もありますし、自分の中でおかしいバランスになる瞬間もあるんですけど、意識として大切に持っていたい部分なんですよね」。

——太郎は妹からネガティブ思考を指摘されますが、高良さん自身は?

「僕もネガティブな方かもしれないですけど、最近はネガティブ発言を控えるようにしています。嘘でも明るくしていたいし、どこか冷めた人間なのかもしれないけど、心配されるのが嫌なんですよね。例えばブログでそういう発言をして、『大丈夫ですか!?』と言われるのが苦手。ありがたいんですけど、僕は心配してほしいわけじゃないから、『ああ、発言すること自体がよくないんだな』って。きっとブログを見た人もネガティブな気分になってしまうだろうから、それは自分の中でどうにかしようと思うようになりました」。

——それは人生哲学から? 発信者としての意識から?

「うーん…、発信者だからですかね。目の前にいて思いを伝えられるならいいんですけど、ブログ限定で言うなら、気持ちを全て文字にしているわけでもない。伝えるか伝えないか、伝わるか伝わらないかという問題はやっぱりよく考えます」。

※高良健吾ロングインタビューをシネマカフェにて掲載中

シネマカフェSweet「飾らない格好良さ」
http://www.cinemacafe.net/sweet/kora/

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top