香里奈インタビュー 劇中ではもどかしい恋に苦悩! そんなときの特効薬は…?

最新ニュース

『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
  • 『ラブコメ』 香里奈
同世代の女性を中心に高い支持を集める香里奈。彼女が最新作『ラブコメ』で演じるのは、チャキチャキの下町っ子で花屋の三代目の真紀恵。おまけに劇中で展開するのは、タイトルどおり“ラブコメ”の典型とも言える、どうにもこうにももどかしいような恋模様! 作品について、劇中の恋愛について、公開を前に話を聞いた。

先にも述べたように、真紀恵という役柄はチャキチャキの男勝りな下町っ子。だが、香里奈さんが演じる上で大切にしたのは、彼女が持つ“ギャップ”。「オヤジっぽいところを持った女の子ですが(笑)、実は女の子らしいところもしっかりと持ってるんです。そのギャップを引き出すことを意識しました」とのこと。香里奈さんの目に真紀恵はどのように映るのか? 自身と似ている部分、異なる部分を尋ねた。
「自分と似ている部分で言うと、キャピキャピしていないところでしょうか。勝気な部分に関しては…私は真紀恵ほどではないですね(笑)。彼女のそういう芯の強いところはかっこいいな、と感じます。私にはないところで、そういう風になれたらとも思いますね」。

香里奈さんが憧れる女性像が真紀恵の中に? 改めて、香里奈さんが目指す女性像とはどういうものなのか聞いてみた。
「自分の気持ちを素直に表現できて、好きなことを一生懸命努力してやっている人。そういう女性ってやっぱり内面も外面も輝いてると思うし、かっこいいですね」。

では話をもう一歩進めて香里奈さんの恋愛観に。劇中、真紀恵は幼なじみの美晴(田中圭)と、どこからどう見ても“いい仲”でありつつも、元カレの江島(塚本高史)との関係を終わらせることもできず、という状態に陥る。美晴はちょっぴり気の弱いところがあるが中身は誠実。17年ぶりに真紀恵と再会するまで、ずっと彼女への想いを心の中に抱いていたという一途(?)なところもある男子だが、香里奈さんの評価は?
「怖いです(笑)…というか、17年もため込む前に言ってよ! と。でも、すごく素敵なことだと思います。ずっと会ってなくても心のどこかで気にしていてくれたって嬉しいですね。まあ、私が映画と同じ立場に立ったら、真紀恵と同じように『はっきり言ってよ!』という態度を取ってしまいそうですが…(苦笑)。でも、優しくて思いやりがあって、私としてはOKですね」。

逆に元カレの江島に関しては「嫌ですね」とキッパリ。まあ当然といえば当然だが…。
「なぜか、塚本くんが現場に来ると必ず雨になるんですよ! 風まで吹いてきて。だから江島が嫌だ…というわけではないんですが(笑)、江島ってお金持ちだし、すごいことをしていそうなんですが、個人的には一緒にいて楽しいとか、一緒に出掛けるとかそういうことの方がずっと大切。だから江島とのデートのときも、一緒の2人ではなく別々の1人と1人という感じで、演じてて寂しくなってきちゃいましたね」。

とはいえ劇中では、真紀恵は悩む悩む! 傍から見てれば「こっち!」と指示を出したくなってしまうが当事者には見えないもの…。香里奈さん自身、悩みにぶち当たったときの特効薬は?
「とりあえずおいしいものを食べてよく寝て、カラオケに行って…(笑)。考えないようにするときもあれば、考えて考えて全部嫌になって『もういいや!』となって、ベッドでグダーっとなって、動かないときもあります(笑)。でも結局、やるのは自分なんですよね。良くするのも悪くするのも自分——。だから全力でやるしかないって考えに至るようになりましたね」。

ポジティブであり、そして何より仕事に対して真摯かつ謙虚。以下のコメントは主演のプレッシャーについての質問に対する答えである。
「私が引っ張らなくちゃいけない立場なんですが、結局、主演というのは周囲のみなさんに助けてもらうことで成り立ってるんだなと感じます。主演をやればやるほど、一人では何もできないということを実感するし、ある意味、そのありがたみを知る機会なんだな、と思います」。

多くの女性が彼女に憧れ、そして彼女に多くの役柄が舞い込んでくる——その理由が分かるような気がした。

(Hairmake:SHIO/Stylist:Keiko Watanabe)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top