『インシテミル』28か国配給決定 バナナマン日村、インディアンの心情に苦戦?

最新ニュース

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』初日舞台挨拶  photo:Yoko Saito
芸能事務所ホリプロの創業50周年記念映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(中田秀夫監督)が世界28か国で配給されることが10月16日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶で発表された。

アジア地域では、シンガポールで今月下旬、台湾で11月上旬、タイで同中旬、香港で同下旬、時期未定で韓国、中国など。ほかにヨーロッパでドイツ、フランス、オーストリアなど合計28か国。ワーナー・ブラザースが邦画を配給するのは初めて。

初日舞台挨拶には、主演の藤原竜也をはじめ石原さとみ、綾瀬はるか、武田真治、北大路欣也、バナナマン日村勇紀ら“ホリプロスター”11人と、中田監督が出席。本作は作家・米沢穂信の小説の映画化で、時給11万2,000円の報酬につられて「7日にわたる心理学の実験」に参加した男女10人が繰り広げる生死を賭けた心理戦を描くミステリー。

藤原さんは、撮影をふり返り「数ミリ単位や微妙な差や、声の音程、間の取り方など、細かくチェックしていただきました」と中田監督のサスペンスフルな演出に感謝の弁。武田さんは演じた役柄について「メガネ男子からの豹変ぶりを見せたくてタンクトップになっちゃいました」と照れ笑い。一方、インディアン人形役で唯一、声のみの出演となった日村さんは「まずインディアンの気持ちから考えましたが、インディアンの知り合いもいないし分からないなぁ…と困っていたら、監督から『明るい気持ちでやって』と言っていただき、モヤモヤがスッキリして出来ました」と意外な奮闘談(?)を披露し、観客の笑いを誘っていた。

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は丸の内ピカデリーほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top