妻夫木 永瀬正敏と本格初共演 長年の絆で「拷問シーンもクリアできた」

最新ニュース

『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
  • 『スマグラー』(仮題) -(C) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー」製作委員会
妻夫木聡が石井克人監督と初タッグを組む映画『スマグラー』(仮題)の撮影現場がこのほど、初公開された。

ドラマ化もされた「闇金ウシジマくん」などで知られる人気漫画家・真鍋昌平が2000年に発表した同名作品の映画化で、借金を抱えた役者志望のフリーター・砧涼介(妻夫木さん)が借金返済のため、死体や法律に触れるものばかりを扱う運び屋・スマグラー(smuggler=密輸業者、密入出者)のバイトを紹介され、死と隣り合わせの世界に踏み込む物語。スマグラーは砧を含む3人組で行動し、ほかに仕事を取り仕切る通称“ジョー”こと花園を永瀬正敏、花園と長く行動している相方の通称“ジジイ”を、石井作品常連の我修院達也。ほかに裏社会の女社長役に松雪泰子、やくざの田沼組組長の若妻役で満島ひかり、チャイニーズマフィアの最強の殺し屋・背骨役で安藤政信らが出演する。

撮影は、11月から今月6日(月)までに、千葉・木更津市内を中心に関東近郊で行われた。撮影中盤の11月26日(金)、ロケ現場が初公開された。妻夫木さん、永瀬さん、満島さん、我修院さんが蕎麦屋で食事をするシーンを収録。蕎麦をすすりながら、「前向きに…」と更生への思いをにじませる妻夫木さん演じる砧に、永瀬さん演じるジョーが「どっちが前か分かっているのか!」とぶっきらぼうながら温かみを感じさせる言葉を浴びせる。さらに砧はジョーから七味唐辛子を大量投入されながら食べてむせる、という場面。何回目かのテストと本番を合わせて、妻夫木さんは相当量の蕎麦をキッチリ美味しそうにすすり、大量の唐辛子を躊躇せず摂ってむせる迫真の演技を繰り返した。

撮影を終え、妻夫木さんは、念願の初タッグが実現した石井監督について「現実的ではない中に現実的なものがある。ならではの世界を確立している。コミカルでファンタジックで心にくる…いろんな要素のあるおもちゃ箱のような映画を作る人」と寸評。「頭の中は理解できないけど、石井監督というおもちゃ箱の中で、僕というおもちゃを遊んでもらっている感覚」と恍惚の笑み。石井監督は妻夫木さんについて「すごく細かいことに気づく人で、すっごい助かりますね」と温かい視線を送りながらお返しした。

さらに妻夫木さんは、10年近くにわたる親交があるという永瀬さんについて「2002年のJRAのCMで共演させていただいて、その前から共通の知人がいて仲良くさせていただいていました。ちゃんと本編でやるのは初めてです。今回、最初に拷問シーンがあったりと順撮りじゃなくて大変でしたが、なーさん(=永瀬さん)との関係性があったからイメージしやすく、クリアできた」と全幅の信頼を寄せた。永瀬さんも「男気があって柔らかなナイスガイ。現場を引っ張っていく感じ」と愛らしそうに見つめ、さわやかな男の絆をうかがわせた。

『スマグラー』(仮題)は現在、編集作業中。来秋全国にて公開。

《text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top