二宮&松ケンを召喚せよ! 舞台挨拶をかけた「GANTZ争奪戦!」が始動

最新ニュース

『GANTZ』 -(C) 奥浩哉/集英社(C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS
  • 『GANTZ』 -(C) 奥浩哉/集英社(C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS
  • 『GANTZ』 -(C) 奥浩哉/集英社(C) 2011「GANTZ」FILM PARTNERS
  • 「GANTZ争奪戦!」キャンペーンQRコード
累計1,350万部を超える奥浩哉の同名人気コミックスを前編後編の2部作で映画化した『GANTZ』の公開を記念し、主演の二宮和也と松山ケンイチが舞台挨拶を行う劇場を投票によって決めるイベント、その名も「GANTZ争奪戦!」が現在展開されている。二宮&松ケンをお好きな映画館に“召喚”できるこのイベント。その参戦方法は以下の通りだ。

まずは自分の携帯電話もしくはスマートフォンを手に、2人を舞台挨拶に呼びたい該当劇場へ。そこに貼り出されているキャンペーンポスターのQRコードを読み込み、登録すると、劇場とキャンペーン参加者(あなたのことです!)に“点数”が加算される。その合計点数が最も高い劇場に、二宮さんと松山さんが舞台挨拶に現れるというシステムだ。劇場のQRコードは、1日1回のみ読み込みが可能。キャンペーン参加者は何回でも読み込むことができるので、劇場に毎日通って点数を稼ぐのも作戦のひとつである。

また、QRコードは劇場に限らず、原作コミック、雑誌、そしてウェブサイトなど幅広いメディアにも掲載されるので、こまめに『GANTZ』情報をチェックすべし! なお、集めた点数が100点に達すると「100点めにゅ〜」が出現し、その100点は劇場にも転送される。見事、点数が全国トップとなった劇場で二宮さんと松山さんが舞台挨拶を行うのはもちろん、点数ランキング上位100位までのキャンペーン参加者は、『GANTZ PART II』(4月23日公開)の完成披露試写会に招待されることも決定している。

映像化されていない最後のカリスマコミックとも言われる原作を、若手実力派である二宮さんと松山さんの初共演で実写化した『GANTZ』。電車にひかれ、命を奪われた大学生・玄野(二宮さん)と幼なじみの加藤(松山さん)は、その直後に見知らぬマンションの一室にいた。自分たち同様、死んだはずの人々が集められたリビングには、“GANTZ(ガンツ)”と呼ばれる謎の大きな黒い球が…。そのGANTZから玄野らは「生き残るために星人と戦い、そして殺す」というミッションを課せられる。すでに全米公開も決定するなど、世界規模の注目を集める一大プロジェクトに、携帯電話で参加できる今回の「GANTZ争奪戦!」。早速公式サイトをチェックし、全国のライバル相手に死闘を繰り広げてみては? 期限は1月23日(日)24時まで。健闘を祈る。

『GANTZ』は2011年1月29日(土)より全国東宝系にて公開。

『GANTZ』公式サイト:http://gantz-movie.com/index.html

※PC画面上でQRコードを読み込みづらい場合は、本画面を印刷してお試しください。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top