伊勢谷友介インタビュー 「いろいろなことに対応できるフラットな大人でいたいです」

最新ニュース

『あしたのジョー』伊勢谷友介 photo:Yoshio Kumagai
  • 『あしたのジョー』伊勢谷友介 photo:Yoshio Kumagai
  • 『あしたのジョー』伊勢谷友介 photo:Yoshio Kumagai
  • 『あしたのジョー』伊勢谷友介 photo:Yoshio Kumagai
過酷な減量とトレーニングを経て艶やかなボクサーボディを披露し、試合シーンでは本気の殴り合いに挑む。拳の洗礼を受けて変形した顔も本物なら、有名なワンシーンで見せるくびれ過ぎた腹部も本物。『あしたのジョー』で伊勢谷友介が演じた力石徹には、本気が詰まっている。なぜそこまでしたのか? と素朴な疑問を真っ先にぶつけると、伊勢谷さんは「たぶん僕じゃなくても、力石を演じる人ならそうしたはず」とあっさり言い切った。
「なぜなら、それは力石だから。それだけ多くの人の思いを背負っているキャラクターなんですよね。とは言え、僕自身は原作に対する知識もあまりあったわけではなく、最後は誰が真っ白な灰になるんだっけ? という認識程度でした。それでも、のしかかってくるものの重さは実感していたし、それと上手く付き合うには減量とトレーニングを続けるしかなかったです」。

プレッシャーを快感に変えられるタイプかと尋ねると、「いいえ、全然!」と即答。しかしながら、「どこか自分を追い込んで、新しい力を発揮することは誰にでも絶対にあると思う」と認める。
「しかも、そういった状況にさせてもらえるのは役者にとっては幸せなこと。それを乗り越えさえすれば、自然と役になれるじゃないですか。ただし、だからと言って、役を冷静に見つめる自分自身がいなくなるわけじゃないです。例えば、高杉晋作のままモニターチェックをするようなタイプではないし、白州次郎のまま実生活を送るようなことはしない。力石でもそれは変わらなかったですね」。

ならば、伊勢谷さん自身の目から冷静に見た力石とは?
「ある意味、いけ好かないと言えばいけ好かないですよね(笑)。若いわりに年寄りっぽいエレガントな雰囲気があるし、鼻につくくらいピシッとしてるし、“1分で勝つ!”とか言っちゃう人なので。僕からすれば、“言わなきゃいいのに…”と思うし、いじめっ子だなあという気がするんですが、たぶん僕の考える格好良さと力石の考える格好良さは違うんでしょうね。僕は彼ほど不器用には生きられないですから」。

となると、伊勢谷さん自身の人生における美学にも迫りたくなる。
「何て大きな質問を…(笑)。そうですねえ。僕の場合は、良心というものをちゃんと知れている所から始まりますね。知識を培って、良心で判断する作業が僕の人生における全てだと思います。いろいろなことを知ると物事の道理が分かるから、その道理の中で間違った方向に行こうとしているものを良心で見定めて、回避させるために行動を起こす。それがあらゆることで成り立っているのかなぁと思いますね」。

俳優業の一方で立ち上げた“リバースプロジェクト”も、そんな人生哲学に基づいているという。このプロジェクトは、「人類が地球に生き残るため」をコンセプトに、その解決法をアートの観点からクリエイトする試みだ。“リバースプロジェクト”も含めた伊勢谷さんの人生哲学には優しさが必須となる、と指摘すると、「そんなことないです。世の中の原則を突き詰めているだけ」と断言。が、その顔は少し照れているようにも見えた。

ところで、「鼻につくくらいピシッとしている」力石には、恋愛に不器用で、おそらく抱いているであろう恋愛感情を表に出さない側面も。“人生”の話から一転、“ラブ”に話を持っていくと、「そういうのは山下くんに聞いてよ〜」と戸惑いながらも、香里奈さん演じるボクシングジムの美人オーナー、白木葉子の存在に触れ、「(力石は葉子を)そりゃ、好きでしょ!」とキッパリ。頼もしい恋愛論を披露してくれた。
「ただ、力石は自分の感情を出さずに抑え込むタイプだから、感情を相手にぶつけて“ノー”って言われるのが嫌なんでしょ? ハハハ、知らないけど(笑)。分かんないなあ…。だって、俺だったらもっと行きますもん。逆に、女性の立場としてはどう思われます? もうちょっとはっきりしてほしい? …でしょ!(笑) 僕も“はっきりせい! 力石”と思います」。

一方、力石のライバルであり、葉子から思いを寄せられているであろうジョーは彼女に対して冷淡な振る舞いを見せるが、そんなジョーには理解を示している様子。
「ジョーは葉子に興味がないんですよ。だから、冷淡とか言われてもねえ…。興味がないんだから、はっきりしていていいじゃないですか。逆に、駄目なのは力石ですよ。はっきりしないことで、みんなが傷つくこともありますからね…って、俺は何を話してるんだ(笑)」。

葉子はさておき、ライバル心を抱き合いながら、互いの才能に惹きつけられずにはいられない力石とジョーを、伊勢谷さんは「超えなきゃいけない壁に出会ってしまったふたり」と言い表す。
「愛情って、憎むという感情に変化しやすいじゃないですか。それとどこか似ていて、倒さなきゃいけないということなんでしょうね。結果、拳を交えることによって、絶対的な友情が生まれるんだと思います」。

では、伊勢谷さんにもジョーのような相手がいるかと聞くと、「まあ、少なくとも倒しはしないですよね(笑)」とごもっともな答え。
「僕の場合は協調していく方法を取ります。さっきの美学の話じゃないですけど、やっぱり人同士は情報を共有し合って、足並みを揃えていくべきだと思いますから」。

力石役に全身全霊を傾け、「歳相応に、体力の限界を悟りました」と冗談まじりに笑う伊勢谷さんだが、「監督がメッセージとして伝えようとしているものを120%応援できる作品であれば、どんなに過酷な役作りを求められてもまた挑みます」とも力強く言う。『あしたのジョー』を含め、昨年からは『十三人の刺客』、「龍馬伝」と“熱い男たちの物語”が続いた。
「だから最近、僕のことをすごくスクエアな怖い俳優だと思っている人が増えていて…。昔の同級生に“本来のイメージと違うことしてない?”って言われたりもするんですよね。まあ、でも、僕はもともと熱い部分があるので。その上で、いろいろなことに対応できるフラットな大人でいたいです(笑)。いまできることを100%誠実にやり、休むときは休む!」

休みの時もアクティブに動いていそう…と伝えると、「いやいや、だらっだらですよ。休みになったら、家の片付けをして、高圧洗浄機でベランダをきれいにしないと…」と意外な休日計画を披露。「還暦迎えたおじいちゃんみたいだよね」と呟きつつも、言葉とは裏腹に、これ以上なく颯爽と、格好よくインタビュールームを後にする伊勢谷さんなのであった。

《photo:Yoshio Kumagai / text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top