なでしこ丸山、動物に例えるなら「監督はゾウ、澤さんはイルカ」

最新ニュース

『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
  • 『ライフ −いのちをつなぐ物語−』ワンライフ・プロジェクト発足記念会見
BBCのドキュメンタリー映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』公開を記念して、デザイナーのキム・ジョーンズが発起人となり、人々に生きるエールを贈る“ワンライフ・プロジェクト”が発足。8月8日(月)、英国大使館で行われた発足記念会見に映画のメッセージに賛同したVERBAL(m-flo)と女子サッカー日本代表の丸山桂里奈が出席した。

3,000日にわたって全大陸の動物たちの、新たな世代へと命をつないでいく営みを映像に残した本作。世界的なデザイナーとして活躍し、今年3月にはLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のディレクターに就任したジョーンズが、映画のメッセージに感銘を受けて今回のプロジェクトが発足し映画のオフィシャルTシャツをデザイン。プロジェクトを通じて“生きる力”を伝えることを目的に、このTシャツの販売1枚ごとにスペシャルノートブック1冊が東日本大震災の被災者の子供たちに届けられる。

映画に感動したという丸山さんは「私もみなさんにエールを送れたらと思い、こちらにうかがいました」と挨拶。特に劇中のチーターの兄弟の物語が感動したそうで「兄弟3人が自分たちより大きなダチョウを仕留める姿から、ひとりでは勝てなくても力を合わせていく強さを感じました」となでしこジャパンの一員としての激闘に重ね合わせて感じるところがあったよう。

ジョーンズの手によるゴリラのTシャツで登場したVERBALも、映画から多くのメッセージを受け取った様子。「失敗を繰り返すことで新しいことが見えてくる。続けていくことが大切。『前を向いて続けていこうよ』というのが僕からのメッセージ」と呼びかけた。

自らを動物に例えるなら? という問いに、さすがフォワードだけあって丸山さんは先述のチーターを挙げた。さらに、日本代表の佐々木監督については「(映画の中で)家族愛を見せているので」とゾウに、澤穂希選手については「外見は優しそうだけど闘争心を持っている」とイルカに喩えた。

まもなくロンドン五輪のアジア予選が始まるが丸山さんは「ロンドンの金メダルを獲りたい」と再び世界の頂点に立つことを目標に掲げる。一方のVERBALは「新しいアーティストの発掘や今後のニューカマーを世に送り出す手伝いができれば」と今後の目標を明かしてくれた。

『ライフ −いのちをつなぐ物語−』は9月1日(木)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top